fc2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

デュオ・セルリアンリサイタルvol.2のおしらせ

デュオ・セルリアンの2回目となるリサイタル、5/29大和高田のさざんかホールにて。オカリナ・サクソフォンとも演奏します。

リサイタルと言っても大人も子供も楽しめる、それでいてしっかり聞かせるコンサートを目指しております。ぜひお誘いあわせの上お運びくださいませ。
チケット残り少なくなってきておりますので、ぜひお早めにお求めください!(チケットは私か千井に直接メッセージいただくか、またはさざんかホールでもお求めいただけます)
なお、当日ロビーにテレマン楽器さんがブースを出してくださいまして、私が選定したオカリナも並びます。(数は多くはないですが、沢山の中から選んだものですので価値はあるとおもいます)

【デュオ・セルリアン リサイタルvol.2】
5月29日(日)14:00開演(14:30開場)

演奏…デュオ・セルリアン
森下知子・千井慶子(オカリナ・サクソフォン)
大島忠則(ピアノ・アレンジ)

プログラム(予定)
・カッチーニのアヴェ・マリア
・グノー/アヴェ・マリア
・ルイエ・ド・ガン/デュオ・ソナタより
・「魔笛」より~夜の女王のアリア
・イベール/二つの前奏曲
・J=P.Lucchini/Il Vento
・森山直太朗/アルデバラン
・葉加瀬太郎/エトピリカ
・石橋ひゅーい/虹
・大野雄二/小さな旅
・オペラ座の怪人より
・瑠璃色の地球


主催:デュオ・セルリアン&さざんかホール
協賛:(株)末吉楽器、テレマン楽器、三木楽器Wind Forest
後援:のんぼうのオカリナ工房、吟友工房

S__5505047.jpg

ふれあいコンサートinアミティ2022「春」終演

ようやく実現したふれあいコンサートinアミティ、無事終わりました。
800人ほどのお客様が来てくださいました。

2002年、「震災復興祈念コンサート」のヴォーチェ・ベルステラのステージに、夫の譜めくり件ちょこっとソロ、という役目で出させていただいてから20年。この舞台でソロのステージは31回あったようです。その他にベルステラ・トゥジュールで、も沢山演奏しました。
自分にとってはどこで演奏してもこのホールより広いということはない、大きなホールです。ステージに立つと、身体の使い方がこの空間の響きへ自然とフィットしてくるのを感じました。コロナの前までは1年のうち2回3回とその機会があったのでそんなことを感じることもあまりなかったのですが・・・今回はそれが面白いほど強く実感できました。
20年の間にこの場所で自分の中に培ったものはきっと数えきれないほどありますが、このことはかけがえのない貴重なものであったのだと思い知る瞬間でした。

久しぶりに会うホールスタッフの皆さんの笑顔もひとしお。とにかく皆さんとここで元気に会えたことが嬉しかった。
当然のこと、これまで応援してくださっていたお客様のだれもがみんな健康で通い続けられているわけではなくて。「いつも夫婦で来ていたけれど夫が入院して」とか「仲良しのグループのメンバーの誰某が他界して」とか、そんなこともお聞かせくださって。そういう人たちにとって、ここへ来るという事は、大切な人と一緒に共有する大切な時間だったのだなあと感じました。
そんな中で役目の一部を担わせてもらっていたこと、なんと幸せな事であったのかとも思います。

シリーズはアンコール公演が6月に、そのあと秋に2公演だけあります(これは春公演が延期になる可能性を踏まえてホールを押させていたためだそうです)そのうち1つは息子・大島快晴のソロ公演ということになりました。11/23のお昼です。詳しくはまたご案内します。

アンコール公演は6月10日。
自分にとってはこのシリーズ最後のソロ公演になります(「さよならコンサート」というタイトルはそういう意味です)この日もヴォーチェ・ベルステラのメンバーが出演してくれます。ピアノソロは島崎央子さん、そして息子・大島快晴も出てくれることになっています。平日昼ですが、ぜひおいで下さいませ。
(往復ハガキにてのお申し込みをお願いいたします)

「森下知子さよならコンサート」
6月10日(金)午後1時30分~
西宮市民会館アミティ・ベイコムホールにて
お申込み…往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)・電話番号・パソコンアドレス・コンサート名を書き、
〒649-6246 和歌山県岩出市吉田68-11 松田一広 宛てへ。公演の5日前必着。往復はがき1枚で2名様をご招待いたします。

ばたばたしてて演奏中の写真をお願いするのも忘れておりまして、ピアノソロを弾いてくださった薮田唯さんからいただいた貴重な集合写真を載せます。

終演後、演奏者と主催者の松田一広さんと
279504934_531601338466804_520681364834636206_n.jpg

アンコール時
279452458_7314155655321018_7277235198644130553_n.jpg

リハーサル時、舞台から
S__5488656.jpg

リハーサル時、舞台から(ベルステラ)
S__5488658.jpg

ふれあいコンサートinアミティ2022「春」

ふれあいコンサートinアミティ2022「春」

「森下知子サクソフォンとオカリナの豊かな響きあい」
5月4日(祝)13:30開演

「森下知子さよならコンサート」
6月10日(金)13:30開演

いずれも西宮市民会館アミティ・ベイコムホールにて

2公演とも昨年秋に予定されていた公演の振り替えとなります。
前回の公演が2020年の10月でした。それから1年半を経て、漸くの開催です。その間に、ホール名もネーミングライツで変わりました。世の中も、自分も周りも、いろんなことが変化しました。コンサートが近づいてきて、ふと、いつも公演でお会いしていた皆さん、その後お変わりないかしら、と思ったりしています。お元気でしたか、と笑顔でお会いできればと思います。

平日昼の開催ですが、6/10の公演が一応最後となります。息子・大島快晴も出演してくれることが確定しました。(よく聞かれるのですが「さよなら」コンサートで、引退するわけではございません。笑)
両公演ともヴォーチェ・ベルステラの皆さんも歌ってくださることになっています。長い間、供にこのシリーズで演奏してきた皆さんです。(ピアノ独奏、5/4は薮田唯さん、6/10は島崎央子さん)ぜひお運びくださいませ。

公演へは往復ハガキでのお申し込みをお願いいたします。(チケット代は当日カンパとなります)
往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)・電話番号・パソコンアドレス・コンサート名を書き、
〒649-6246 和歌山県岩出市吉田68-11 松田一広 宛てへ。公演の5日前必着。往復はがき1枚で2名様をご招待いたします。

ふれあいコンサート2022春

第6回デュオたんとライブ配信コンサート

本日のライブ配信、たくさんご覧いただきありがとうございました。
リアルタイム最大191名の方がご覧くださったようです。
アーカイブ残していますので良かったらご覧ください。
応援カンパもとどいております。ありがとうございます。お礼の楽譜と音源はしばらくお待たせすると思います(2,3日ほど)がよろしくお願いします。

今回ちょっとしゃべりが長すぎたなあと反省です。アーカイブでご覧いただく場合は適当に流して演奏をご覧くださればとおもいます…しょーもない個人的なはなしが殆どですので…

リアルタイムでは拾いきれないのですが、アーカイブでチャットを読み直しています。みなさん色んな事を書いてくださっててとても興味深かったです。曲への思い入れ、私の使ってる楽器やアクセサリの事、演奏の仕方の気づき、衣装の事、おさるさん(笑)、等々。演奏を聴きながら感じてくださってることを言葉にして見ることが出来るのは、面白いです。ふつうの演奏会ではありえない事ですから。
チャットは恥ずかしくて、という方もいますけど、勇気を出して参加してみると楽しいかもです。(今回大島も演奏前に書き込んでました。改行のつもりで送信しちゃったそうです)

生演奏とは違う要素はほかにたくさんあります。集中して音のバイブレーションに浸ることができるのはやはり生演奏であることはまちがいありません。オカリナもサックスも生の音色とはやっぱり違うんだろうと思います。演奏と同時に空間に流れる自分の音を聞く事はできないので永遠にその違いを知る事は出来ませんが…(電子ピアノでは表現しきれないところがあると大島もぶーたれてましたし…^^;)
だから生のコンサートは、要るんです。ホールの空気を、震わせたい。


配信のアーカイブはこちらからご覧になれます。
https://youtu.be/pAzx4bcgbVc

ハートふるオカリナコンサート・関西公演の延期と代替コンサートに関して

先日にもお知らせいたしましたとおり、今月26日・27日にそれぞれ神戸・奈良の公演を予定しておりました「小林洋子&森下知子ハートふるオカリナコンサート」は9月に延期となりました。公演日は以下の通りです。

奈良公演 9月24日(土)やまと郡山城ホール
神戸公演 9月25日(日)神戸酒心館
いずれも13:30開演

両公演とも、延期にともないましての希望公演の変更、またキャンセル・返金も承っておりますので、ご連絡ください。
まだちらほらとチケットのご予約が入ってくる中で、とても残念ではありますが、4月の千葉公演、そして秋の公演が無事に開催できるよう願っております。
延期に伴いましてもともと公演予定だった日に同会場にて代替のコンサートを出来ないか?と模索しており、ご予約いただいていた皆様には同日程をあけておいてください、とお願いしてはおりましたが、いまだ感染状況は落ち着いているとは言えない中、とても残念ではありますが両日程とも会場をキャンセルし代替公演も行わないこととしました。
代わりに、奈良公演の予定日だった27日(日)に自宅からデュオたんとでライブ配信を行います。
こちらはいつものように、youtubeから配信しましてどなたも無料でお聞きいただけます。(開催時間は未定ですが、夜にやろうとおもっています)
ぜひ聴きにいらしてください。詳細はまた追ってお知らせいたします。


---
ここしばらくはコンサートの開催を模索しながら、報道される感染状況やあちらこちらから聞こえてくる濃厚接触者になった・陽性反応が出た、学級閉鎖や職場からの自粛要請・等々のおしらせに、たびたびため息ついておりました。
きっとだれしも同じ思いを抱えていると思いますが、コロナ禍のはじまった2年前や夏のデルタ株の波の時とは違って、この不安定な状況はこの先もずっとつづくのだろうか?という不安があります。なるようにしかならない、という思いもある一方でことを動かすことへのリスクを少なからず感じざるを得ません。
この状況の中で、さてどうする?というのは何かをやるもやらないも結局、自分で決めるしかないのですね。その中で心を決めて突き進む他ない。どうなるかわからないと、前向きな気持ちも折れてしまいがちですが…
そんな中、延期にします、とお伝えしてからも沢山の方が9月を心待ちにしていますとお返事くださっています。本当にありがたいことで、とても励みになります。
クラシックスタイルでのコンサート鑑賞は感染のリスクは少ないと言われています。予定しているコンサートは今後出来る限り開催したい、と思います。感染予防の対策など気をつけながら、応援していただけるとありがたいです。