twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

【質問への答え】棒吹きって言われるんですが…

ある方からご質問をいただきましたのでお答えしました。

Q.よく棒吹きと言われるんですがどうしたら良くなるのでしょう?

A.(ずいぶん長くなってしまったのですが大事なことだと思いますので、じっくり読んでくださいね!)
「棒吹き」と言われる、というのはつまり表情が乏しいってことでしょうか。
では「表情」とはなんでしょう。楽器を学習している人にとって、よく強弱とかビブラートとか、そういうのが思い浮かべられるようですね。
ところで素晴らしい演奏をする演奏家たちはどのようにして表情をつけているのでしょう。
じつは、演奏家は演奏するときに特別になにかを「つけよう」と思っているわけではありません。ただ、自分が演奏する音楽のなかに、とても沢山のもの、とても深いものを感じ取ります。
それはいったいなにで、どこから感じ取るのでしょうか?

音楽にはいろんな形がありますね。聴いていて心地よくなるもの、元気になるもの、落ち着くもの、興奮するもの。その違いとはメロディの動き、和音の移り変わり、リズムのサイクルなどのさまざまな音の並び方の要素によるのです。
演奏家は、楽譜に表された音楽のなかにあるさまざまな要素から、さまざまなものを読み取り感じ取って自分のなかの感情とリンクさせます。
そうして感じ取ったものを表現するのにふさわしい方法を選択して演奏します。それが強弱とかビブラートとか(他にも色々とありますが…)なのです。「選択して」と書いたけど、ほとんどの場合にはもう感じた瞬間にそれを行なって居ますね。

優れた演奏家に必要なことは、音楽から感じ取る「感受性」それらを演奏に結びつける「表現力」。感受性のために音楽以外にもいろんなものに触れたり、表現力のために演奏技術や音楽知識が必要なのであります。

…ということで、表情豊かに演奏するために、まずは音楽から深く感じ取ることが必要です。
特になにも感じてないのに、強くしてみたり弱くしてみたり、揺らしたりした演奏には必然がなく美しくありません。(もちろんそれでも美しいと感じる人も居ます。ここのところは難しいですね…)

「感じ取る」と一言にいっても難しいかもしれないですから、すこしわかりやすい例を挙げて見ましょう。

メロディが滑らかに、たとえば音階にそって順番に音がならんでいるならばそれは穏やかな動きで、穏やかさを感じ取ります。またそこで使われる音階が明るいもの、暗いもの、またどちらともつかないもの、それによっても感じが変わりますね。
メロディの音のならびが滑らかではなくたくさんの音程幅をいっぺんに移動する場合、それは強い動きで、そこには強い感情が感じ取れます。
メロディと一緒に演奏されている和音は明るいのか暗いのか?明るいのから暗いのに進んだり、なんだか不安定になってから落ち着いたりという動きもあると思います。

また速さも重要です。ゆっくりした音楽と速い音楽との違いには何があるか?素早く動く音やゆっくり動く音の違いは?



あらゆるところからあらゆるものを感じ取ってみましょう。



それともっとも大事なことは優れた演奏を実際に聴くことです。サクソフォンだけじゃなくて歌、ヴァイオリン、マリンバなども聞いてください。(プロの演奏家のをきいてね!)動画でも構いません。でも生の演奏の方が山ほど得るものがあります。そして音だけじゃなくて、演奏する時の演奏家の体の動き、音の出る前、なっている時、終わらせた時どんなふうにやっているのかたくさん観察してください。きっと得るものがあります。



あ、ここまで書いといて肝心なこと書き忘れました。

演奏する音楽を好きになってください。魅力をたくさん見つけましょう。その作品の背景を調べたり作曲家のことを調べたりするともっと、好きになれると思いますよ。そしたら感じ取るものも増えます!

応援してます!がんばってくださいね〜(=゚ω゚)ノ

ふれあいコンサートinアミティ2017秋

いよいよ明後日。
以前にもお知らせしたとおり、10月8日18:00~
西宮アミティホールにてソロコンサートです。

現在リハーサルと諸々準備の日々で、プログラム内容・アレンジを練っております。

やる曲は既存レパートリーも多いですが
毎度、演奏は別もの。

最近気づきましたが
シンプルな歌ほど、演奏で消費するエネルギーはとても多いように思います。
これは私の力のかけ方がそうなってしまうだけ、なのかも知れませんが…
リハーサルの時でも気づかず、どーっと疲れてしまいます。
うーん、でもただの体力ぎれかもなー^^;

それくらい、全身全霊で演奏しますってことで!

今回はサプライズ的な要素もございまして
(内容は会場きてからのお楽しみとさせてください)

皆様と会えるのを楽しみにしています♪

ふれあいコンサート in アミティ 2017「秋」(チラシ)

なお、演奏曲目は上記チラシから変わっておりまして・・・
当日私の演奏するプログラムを発表しておきますね。

麦の唄
あの町この町幻想
秋桜
トランペット吹きの休日
Fly Me to the Moon
みだれ髪
青葉城恋唄

生命の奇跡
剣の舞
瀬戸の花嫁
You Raise Me Up
懐かしの音楽玉手箱
愛の賛歌

往復はがきでの募集は既に〆切られていますが、
ご興味ありましたら、手ぶらでもぜひ、会場へいらしてください。
100%お聞きいただけます。

ご報告「5年」

瞼に悪性の腫瘍が出来、左眼とお別れをしまして5年
それから毎週~2週毎~ひと月毎の通院・治療をしてきまして
先日の通院にてめでたく治療完了となりました。

ここ数年は自分が患者であることも忘れていたタイミングが殆どですけれど
それでも検査後に結果を聞きに行くたび、
緊張していました。

なんだかリンパが張っている?
なんだか胸が痛い?
お腹が痛い?

あんまり大したことない症状でもいちいち
「もしかして」とよぎる
(こういうのはがん経験者共通の心配事ですね~)

しかし幸い、一度も転移・再発なく5年が過ぎました。



病気がわかった時、
沢山の悲しい気持ち、どうして自分がという気持ち
やるせなく申し訳なく、もとに戻らない当たり前の生活、、、
とかいろいろな葛藤の末に

「自分のいのちが有る限り、なるべく沢山笑顔で過ごせたら良いや」

と思うようになりました。
それが自分にとっても、周りにとっても、ベストのことだと。
そう思ってみて、気が楽になりました。

なんのことはなく、ちゃんと当たり前の生活に戻ってこれました。
あ、でも当たり前ではないんですね
沢山の方に
心配をかけて、
協力をしてもらって、
あたたかい心遣いをいただいて。

この5年笑顔で沢山過ごせました。
本当にありがとうございました。

ただ、これで再発の可能性が完璧ゼロというわけでもなく
他にも病気になることだってあり得るわけで、
引き続き、体調管理には気を配らねばと思っております。


ゆうべは夫と、5年越しのお酌。
この日を、ずっと、待ってくれていました。ありがとう。

第13回南大阪オカリナフェスタ

9月10日、第13回南大阪オカリナフェスタに、指導するサークル「ソニャーレ」と、娘とおともだちのデュオ「ひなたのみどり」引率で参加してきました。
ソニャーレもひなみども、とってもよい集中力でベストパフォーマンスをしてくれたと思います!
IMG_8141 (1024x768)
<今年の会場・弥生の風ホールの入口です>

IMG_8150 (768x1024)
<ひなみど・キメのポーズで>

毎年ながら、このフェスタの運営のためにたくさん動いてくださっている、松阪さんはじめ実行委員の方・ボランティアの方々に心より感謝いたします。

いくつかの演目を聴いて気づいたこと。
今回の舞台は床置きマイクで演奏者からの距離があったためか、オカリナそのものが持ってるボリュームがそこそこある物でないと繊細なニュアンスが伝わりづらいかと感じました。カラオケとのバランスが難しかったようなのもマイクの為でしょうか?(途中でスタッフさんにお伝えはしましたが…)
距離が遠いと狙う楽器の音のみならず他の音も拾ってしまうので…

自分でも環境に合わせて楽器選択をしなければいけないケースはありますが(環境側がいつでも理想とは限らないので)左右されないためにヘッドセットマイクという選択もわかるなあと…

終演後はお近くにお住まいのある方にお会いしに行き、すこしだけ演奏を聴いていただきました。(旦那とのオカリナデュオで)いつも満面の笑顔で会いに来てくださった方。大きな手のあったかい握手が忘れられない方。奥様が言うには、生前は私たちの西宮でのコンサートを唯一の楽しみにされていたのだそう。御仏前には小さい花とブラックが注がれた小さなコーヒーカップが備えられていました。
ちょうどフェスタ実行委員長のご挨拶文に音楽やオカリナがつないだ出会いやお別れの話がありましたが、そのことを強く感じたのでした。

そういえば一昨年のフェスタにデュオたんとでゲスト出演させていただいた折、沢山のオカリナ吹きの方ともお知り合いになれました。↓そのときのブログ記事
http://tomblg.blog4.fc2.com/blog-entry-524.html

帰り道にひとつ神社に立ち寄りました。「阿理莫(ありまか)神社」という変わった名前の神社で、ナビみて「なんか変わった名前の神社があるよ」と言うと旦那が寄ってくれました。
この辺りの小さな神社を合祀した場所のようで、新旧の狛犬や鳥居がありました。
IMG_8146 (1024x768)
IMG_8143 (768x1024)

謂れを読むとニギハヤヒに縁のあるもののようでした。ニギハヤヒについて調べるとなかなか興味深い歴史人物です。物部氏の祖先とされていて、神武天皇による遠征の折、先に大和~河内の地を治めていたのだとか・・・
IMG_8147 (1024x768)
奈良から南大阪への道には大きい古墳も多く、魅力的な古代ロマンの地ですね。
いずれもっとゆっくりと来たい思いです。

ソロコンサートのおしらせ(ふれあいコンサートinアミティ2017秋)

一か月前となりました。
西宮アミティホールで24回目となるソロコンサートです。
往復はがきでのお申込みにてご招待となります。皆様のご応募をお待ち申し上げます。
まだ分かりませんが共演者がふえるかも…!?

森下知子 サクソフォンとオカリナの豊かな響き合い

10月8日(日)18:00~
■場所:西宮アミティホール(大ホール)
阪神西宮より徒歩5分
■出演:森下知子(Sax.Ocarina)、大島忠則(pf.arr.)、島崎央子(pf)
■入場料:カンパ形式(要・申込み)
■曲目: 青葉城恋歌、あの町この町幻想、秋桜、ガブリエルのオーボエ、剣の舞、スカボロウフェア、トランペット吹きの休日、フライミートゥザムーン、みだれ髪、ユーレイズミーアップ、ティコティコ、ザ・ローズ、他

●往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)電話番号・コンサート名と日時を書き、〒649-6246和歌山県岩出市吉田68-11松田一広宛へ。公演の五日前必着。二名様ご招待いたします。

(なおチラシはお昼公演の六車智香さんのコンサートとひとつになっております。)

0001.jpg

FC2Ad