twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

香川~徳島~淡路島 オカリナの旅

香川オカリナの会、会長さんでもある古市晶子さんからデュオたんとにお声がけをいただきまして、6/10香川県三木町、6/11徳島市と四国二公演に参加しました。
この公演は古市さんの東北被災地への支援を目的としたチャリティがおもな趣旨でした。
我々が関西で、震災復興祈念コンサート(現在は名前をかえてふれあいコンサート)に積極的に参加している事もそのきっかけの1つとして、お声がけを頂けたものと思います。音楽をする私たちができること、ためらわず積極的に行われているその姿勢に感銘を受けました。

両公演とも、来てくださったお客さんがた皆さん、とても熱心に聴いてくださいました。
初めての場所での演奏・・・はたして受け入れていただけるものか(MCも…)当初心配でしたが、とてもあたたかな反応をいただき、幸せな公演でした。
オカリナ古市晶子さん、そして今回初めて共演させていただいた打楽器の宮崎仁さん(とても素晴らしい鍵盤を奏でられます)、ピアノ大山まゆみさん、と一緒に過ごさせて頂きとても楽しい時間を過ごしました。

一日目。三木町のホール。すてきなホールです!
IMG_7356.jpg

公演の後うどんも食べに行きました。タイ風グリーンカレーうどん。タイカレーが意外とうどんにあう!疲れた体にスパイシーが効きました~
IMG_7360.jpg

2日目の徳島のホールにて。こちらはこぢんまりとしたステージで演奏者がお互いに手伝うというセルフサービス進行でありましたが、アットホームな雰囲気で楽しんでいただけたかと思います!
IMG_7383.jpg

古市さんはこのチャリティをもとに、東北に支援活動へ行かれるほか、この先も四国でオカリナのイベントを色々と企画されているそうです。
打ち合わせの折には奈良までわざわざ来てくださいましたし…本当にその行動力、姿勢に脱帽です。

さて四国での公演の帰り道に、ぜひとも寄ってみたい場所があり、寄せて頂きました。
こちら・・・
IMG_7423.jpg
淡路島にある、吟友工房にお邪魔してきました。
オカリナ「吟」を作っておられるともちひろしさんの工房です。
ともちさんはオカリナ作家でいらっしゃるけれど、書家でもおられます。工房の入口に飾られているこの作品もじつはともちさんの作。ユーモアがあって、自然ですてきです。(ぜひクリックで拡大してみてください。お仲間にだけわかるモチーフもいくつか含まれているようですが…)

吟は今年四月の森の国のフェスティバルで出会って一目ぼれしたオカリナ。
若干エアーを含んだざらつきのある音が深く響く、新しい感覚を持ったオカリナです。土は屋根瓦とおなじく、銀色にしぶく光るもので、その見た目も魅力的です。
IMG_6918_201706170233212fa.jpg



ひょんなことから、四国の帰り道によっても良いですか~ってなお話をしており、電子ピアノも持参しておりましたので、せっかくだから演奏もしますよ、と。
なんとお昼に手料理ご馳走になり、そしてその後のコンサートにオカリナのお友達をたくさん、呼んでくださっていました。
ちょっと遊びに行く感覚でしたのに、熱烈に歓迎を受けてびっくり。
せっかくなのでたくさん演奏したと、思います。

たんとリハーサル中。こんなすてきな、デッキも有るログハウスです。音が最高。
IMG_7433.jpg

オカリナグループ楽鳥風月(がちょうふうげつ)さんの演奏も聴かせて頂きました。
IMG_7418.jpg

ともちひろしさんとはオカリナの事を話すと何時までも話してそうな勢いでした。
それにしてもお話していると自分の作品であるはずの「吟」を、自分とは別なひとつの個性として捉えていらっしゃる印象です。オカリナという楽器の仕組みも、この淡路島の恵みの土も、そこには我々が生まれてくるより前から積み重ねられた歴史がある上のものなんですね。その畏敬の念というか、そういうところに、根っこのあるクリエイターさんとしての魅力を感じました。
IMG_7426 (960x1280)

淡路島の良いとこを集めまくった、おみやげ。
IMG_7430 (1280x960)

写真中央にあるのは吟のバスC管。
本来いちばんの目的はこのバスC管を吹いてみたいということでした。
そして・・・我が家にやってきました。これとってもすばらしいです。
小さいのに、とてもしっかりと、鳴るのです。そして音色もしっかりと「吟」の個性を持っています。
教室の生徒さんがたには試してもらっています。

オカリナの隣にある絵は私たちをイラストにしてくださったものです。こちらも実はプロのアーティストさんの作品。吟のパッケージングデザインをされている家本麻里さんが描いてくださいました。自分で言うのもなんですが、この、わたしはとても可愛いです!大島も200%癒し系です。
これも今は教室にて飾らせて頂いています。

音楽を通じての、沢山の素敵な人たちとの出会いに感謝です。
さて…このほか趣味で回った神社やお寺や駅の写真もいろいろあるのですがそのご紹介は別の記事にしてみたいと思います。

長谷寺

ゴールデンウィーク中、娘と夫と3人で「長谷寺」にお出かけしてまいりました。
牡丹をはじめ花がいっぱいでした。
そして特別公開の、本尊十一面観音像を間近に見たほか、
三十三の化身像、四天王の壁画、薬師三尊像、曼荼羅図、その他壁画、とにかくいっぱい良いもの見れました。ほくほく。

なお本尊十一面観音はとても大きいものでした。
両脇は向かって右に難陀龍王(龍のヘッドをつけた強そうなやつ)左に雨宝童子(天照大神とも)を従える。
ナンダ、というのはアナンダと同じ語源かな?
雨宝は、右方とも書けるから右のヤツ(本尊から見て)って意味からかな?
そんな言葉遊びを考えたりして。
(なお、いずれも水に関連する神様みたいでした)

だいぶ写真を撮りましたのでだだだだだと、のっけます!
多いので畳んでおきます。(ブログトップからの方は下をクリックしてください)

デュオ・セルリアン、ラジオ出演してきました!

ならどっとFMの番組「ハートフルサウンド」に生出演してまいりました。
じつは12年前にデュオたんとで一度出たことがありました。(さがしてみたらブログに予告書いてました)
今回はデュオ・セルリアンで、ということでお声掛けを頂きまして、千井さんと出演。(大島は写真係…)

ならまち、もちいどの通りに面したガラス張りのスタジオ。
観光客の方がちらほら通ります。
IMG_7084 (480x640)

番組のパーソナリティ若杉幸代さん。やさしくて素敵なおしゃべりに、癒されるリスナーさんも多そう。
IMG_7108 (640x480)

録音を3曲流していただき・・・
スタジオで生演奏。
IMG_7106 (640x480)

あっという間におわりました(笑)
IMG_7113 (640x480)

再放送が29日(土)の11:30~あります。
チャンネルはFM78.4MHz
↓インターネットラジオで、世界中どこからでも聴けます!
http://www.jcbasimul.com/?radio=narafm
(「こきりこ幻想」も流れますよ♪)

デュオセルリアン演奏・二曲Youtube公開しました。

以前より要望の有ったデュオセルリアンの演奏を2曲、アップいたしました。

♪大島ただのり/名もない小さな小径(こみち)
C管・F管の二重奏
セルリアンはアルトCとアルトFで演奏しています。ソプラノでも可能。

♪大島ただのり/名もない小さな舞曲
ソプラノC、ソプラノFの二重奏

どちらも楽譜を販売していますので、ぜひ演奏チャレンジしてください!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
楽譜のお問い合わせはデュオたんとまで

大島ただのり/名もない小さな小径(こみち)


大島ただのり/名もない小さな舞曲

ふれあいコンサートinアミティ

いよいよ西宮アミティのソロコンサートが一ヶ月前に近づいてまいりました!
チラシの写真は・・・ちょっと若い時のです(笑)私が選んでいる訳ではないのですが(笑)

このコンサート、ご招待チケットは往復ハガキでのお申し込みで受け付けております。
招待状は無くてもだいたい入れるのですが、ハガキを送ってくださって「いきますよ」という表明があることは、私たちにとってとても嬉しいのです。
この度もたくさんのご来場を、心よりお待ち申しあげます。

ふれあいコンサートinアミティ2017春
森下知子サクソフォンとオカリナの豊かな響き合い

5月20日(土)
■開演:18:00~
■場所:西宮市民会館 アミティホール
■入場料:カンパ方式

■出演:森下知子(Sax/Oca)大島忠則(Piano/Arr.)
ピアノ:島崎央子

■曲目:愛の賛歌、テネシーワルツ、糸、ハナミズキ、さとうきび畑、賽馬、お嫁においで、Wild Stallions、天国と地獄、貝殻節、その他

■お申込み:往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)・電話番号・パソコンアドレス・コンサート名を書き〒649-6246和歌山県岩出市吉田68-11 松田一広宛てへ。公演の五日前必着。往復はがき一枚で二名様をご招待します。



※特別招待座席の確保は、往復ハガキにてご応募いただいている方のみになっています。よろしくご了承くださいませ。

FC2Ad