FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

一人でオカリナ七重奏のつくりかた

セビリアの理髪師・序曲をアップしました。
オカリナセブンで何度も演奏しているレパートリーですが、全部のパートをやってみて大変よい勉強になりました。
ひとり多重に合う方法で演奏しているのでセブンでやってる演奏とはまた違ったテイストに仕上がっていると思いますが、吹きながらやっぱりそのパートのメンバーの姿が浮かびます(笑)



こういう一人多重はいったいどうやって撮るのか、というのを知りたい方も居るかもしれないので、私のやり方をひととおり説明してみようとおもいます。たぶんリモート演奏とかも同じような方法かとおもいます。
(なお、説明のためのわかりやすい画像とかそういうのは一切ありません、文章のみです)

まず、すべてのタイミングを揃えるために「ガイド音」を準備します。
終始一定のテンポで演奏する作品ならメトロノーム音声のみでもかまいませんが、オカリナはとくに耳からの情報をたよりにして音程を合わせるので、なんらかの声部の音を入れておく必要があります。
オカリナ七重奏の場合、全体の真ん中にあたるAGパートを演奏してガイド音をつくっています。

このセビリアの場合、序奏部分はメトロノームを使わず自分で流れを作って演奏してゆきます。必要な所には足をとんとん鳴らしたり、ブレス音を入れたりしてタイミングを示すようにしています。指揮者になったキモチで…
後半は一定テンポなので、メトロノーム音声に合わせてガイド音を演奏しています。
あとは「フェルマータ音切り」の情報ですが、足を2回鳴らす形で合図を入れます。2回目の足音で切る、です。これでほぼ完ぺきにすべて揃います。まあ自分で作った合図なので、当たり前なんですが…

理想的な流れのガイドが作れたら、それに合わせて1パートごと演奏して撮ってゆきます。

撮影はiPhone7のインカメラで、マイクはZOOM iQ6を繋いでいます。
iQ6はLightning端子で直に差すタイプのマイクなのですが、近距離だとオカリナの音色は音ごとにおおきくムラが出るのでカメラよりも多めに距離をとるため、Lightningの延長ケーブルをつかってスマホよりも80cmほど後方に設置しています。

よくやってしまうのがスマホの設定忘れによるリテイクです・・・
 ・機内モードにする→Wi-fiを切らないと音声に雑音が入る
 ・オートフォーカスロック→露出自動調整機能によって画面がチカチカしてしまう

上手く吹けたのにこれらを忘れて何度撮りなおしたか…(T_T

ちなみにセビリアはパーツを分けて撮っています。7分以上の大曲なので、通しで録るとなると途中でミスをしてリテイクになるとたいへんツラい気持ちになります。じつは全部で4パーツに分けてます。切れ目はうまくゴマかすように編集していますが。
はっきりいって、生でこんだけ完璧に演奏できることは奇跡です(笑)

全パートで合計28テイク。
できあがったテイクをパソコンの動画編集ソフトで貼り合わせていきます。
私はDavinci Resolveというのを使っています。無料のソフトです。
他のソフトはほとんどまともに使ったことがないので、これがどの程度使いやすいのが比較できませんが、音声編集についても満足な機能はだいたい揃っているんじゃないかなあと思います。

音声についてですが、オカリナは音ムラが大きいので、レベルの設定が肝心な気がします。
楽器も音も、われもの注意な訳です。(上手いこと言った)

そんなことも知って見ていただくとまた違った見え方がするかもしれません。
また、ほかにもこんな方法で撮ってるというのがあれば知りたいです。

youtubeとオンラインレッスンと

youtubeにデュオたんとのチャンネルがあります。
さいきんいくつかオカリナの動画をアップロードしたところ登録者が増えて500に達しました。
(と、いってもずいぶん昔からやっているのでアクティブでないアカウントも多いかもしれませんが)
まだ登録していない方はぜひ登録、お願いしますね。

→デュオたんとのチャンネル

さいきんアップロードした動画を纏めておきます。
よければyoutubeサイトで大きくして見てくださいね。

オカリナソロ
翼をつけて翔びたとう


小鳥のワルツ


オカリナ七重奏
The Rose


エスパニア・カーニ


…さてなんでこのような動画が最近増えたかと言うと
動画レッスンを行っているなか、模範演奏を動画にする事が増えてきたためです。

普段の対面レッスンでも模範の演奏を生徒さんのレコーダーにとってもらう事はよくやっていますが…
こうやって動画に撮って公開しよう、と思うとやはり十分に練習もしなくちゃいけませんし、集中力も必要です。これは自分にとってもいい課題になりますね。
一方でデュオたんととしてのオリジナルコンテンツは最近更新出来てませんが今後公開して行ければと思っています。

というわけで、コロナで対面レッスンが出来ない方の為に、動画レッスンやオンラインレッスンもはじめていますので、ご希望の方はご連絡ください。(詳しくはこちらをごらんください)
たんと音楽教室 オンラインレッスン

6月になり、色んな所で少しずつ活動がはじまりましたが、まだまだ十分に気を付けて過ごしてゆきたいとおもいます。

たんと音楽教室のみなさんで「友だちはいいもんだ」

サムネイル小

たんと音楽教室も、新型コロナの為に3月ごろからレッスンがほとんど出来ない状況になってまいりました。
そんな折、生徒のみんなにもなにか課題を出して演奏してもらおう、ということで「友だちはいいもんだ」を取りあげて大島が編曲して伴奏音源を作成、デモ演奏を娘と三人でつくり、みなさんが演奏した動画を送ってくださいと声をかけました。

そしたら・・・なんともう次の日から早速、ぞくぞくと演奏録画を送られてきました。
それぞれがいろんな環境で録ってるので、伴奏が小さすぎたりするものは音量修正して、また私がハモりパートを重ねたり、また別の生徒さん同士でハモって動画にしてみたりして、一人ずつの動画をyoutubeにアップしました。これらは限定動画にしてあり、教室生の皆さんに限定でリンクをお知らせしています。

(↓このように…)
スクリーンショット

中にはご自身でハモリも入れていらっしゃってたり
手作りのぬいぐるみを使ってのストーリー映像になってたり
手話のメッセージをいれてくださったり

それぞれが様々な形で演奏パフォーマンスや、映像に思いを込めてくださいました。
ほんとうにどれも力作なのでそれらぜんぶお見せできないのは残念ですが…(自分の動画を個人的にお知らせするのはOKにしていありますので、出演のお知り合いがいる方は、ご本人に「見せて」と尋ねてみてください)
そんな思いが少しでも伝わるようにと、合奏の動画にしました。

編集しながらほんとうにびっくりしたのですが

みんなホント上手い・・・
ワタシ別に教えることないのでは・・・
(ちょっと、先生としてはすでに、ほとんど仕事がない身ではありますが^^;)

みなさん自分の力で、これだけのことが出来るんですね。
シンプルにメロディを演奏する。思いを込めて、でも独りよがりにならず美しく。
これは意外と、難しい事だとおもいます。

そういう意味で、演奏の動画を撮るという行為がとても勉強になったという声がたくさんありやって良かったなと思います。

また今回は教室卒業生で既にプロ活動している人や、遠方にお住まいの生徒さんからも参加がありました。
こんなことが出来るのもスマホという便利なものがあるおかげですね。

みなさんのがんばりが素晴らしいです。
(編集もがんばりました!)
ぜひ、見てください。

↓画像クリックでyoutubeの動画にとびます。
サムネイル小

「ふれあいコンサートinアミティ」公演延期のおしらせ

【公演延期のおしらせ】

5月2日に予定しておりました「ふれあいコンサートinアミティ」公演が延期となりましたのでお知らせいたします。
公演日は『8月17日(月)』となります。祝日昼公演の予定が平日昼になります。

ただこちらの予定も、今後の新型コロナ感染の状況次第によって中止となる可能性もございますので(当公演についてはさらなる延期は検討しないとのこと)、ご予定くださっている皆様には、今後の予定を注視していただけると幸いです。

既に往復はがきでご応募をいただいている場合、そのまま延期公演の返信がとどくかと思います。(既に300通以上のご応募をいただいているとの事です)ご連絡をお待ちください。

ふれあいコンサートinアミティ2020「夏」【延期により「春」→「夏」】
~森下知子 30回記念コンサート~

2020年8月17日(月)
■開演:13:30~
■場所:西宮市民会館アミティホール
■入場料:カンパ方式
■出演:森下知子(Sax/Oca)大島忠則(Piano/Arr.)薮田唯(Pianoソロ)
■曲目:見上げてごらん夜の星を、「エリザベート」より、Earth、ロッシーニ/ラ・ダンツァ、なつかしの音楽玉手箱、他
●往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)電話番号・コンサート名と日時を書き、〒649-6246和歌山県岩出市吉田68-11松田一広宛へ。公演の五日前必着。二名様ご招待いたします。

ハートふる4公演終了!(前編?)

小林洋子さんとデュオたんとの共演、ハートふる・オカリナコンサート4公演が終了しました。
遅くなりましたが写真と共にツアーレポート。

長野では・・・
朝から晩までリハーサル
IMG_2251(2).jpg
一日中オカリナ吹きまくるってなんて幸せなんだ!という一日
(それも共演者が素晴らしいからなおのこと)

洋子さんの生徒さんたちに、特別公開リハ~サル♪
21790.jpg

夜はなななんと!!洋子さんの手料理
IMG_2258(3).jpg
ぜんぶ美味しかったァ・・・
それにしても本番前日の夜にこれだけの手料理ふるまってくれる洋子さんのバイタリティたるや。
逆立ちしてもまねできません

佐久のコンサート会場はキャパ広く響きもとってもよかったです。
IMG_2267(2).jpg
ピアノは最近購入されたというスタンウェイのフルコンサート、それはそれは大切にされており・・・
とてもよく鳴り響くため生のオカリナと共演してもらうにはちょっと辛そうでしたので
ポップスの多い第二部のみオカリナはマイクありで演奏させてもらいました。

ポスターが張られてるホール掲示板(とても目に付くこれほんといいデザインbyゆうたくん)
IMG_2264(2).jpg

こちらの公演、スタッフがめちゃ多い!
IMG_2265(2).jpg
洋子さん率いるオカリナ合奏団「アコリット」のメンバーが中心になって運営してくださっていました。
ほんとうに心強い!そしてみなさんとってもあったかい!

終演後の打ち上げ会場からの移動中に寄ってもらったイルミネーション
IMG_2269(2).jpg
つめたく冴えわたる夜の空気に映えます。
樫山工業という会社がやってるようで、佐久では風物詩になっているのだそう。

そして佐久公演・群馬公演の間の中日は、景色の良いカフェでゆっくりモーニングをいただきながら語ったり
素敵な景色を見ながら移動、(このあたり写真ないですが)
たくさんの良い景色を見て、心豊かになれる時間を過ごしました。

IMG_2272(2).jpg
浅間山。ツアー中一番眺めた山

(このほかにも写真を色々取ってますが旅行編はのちほどアップするつもりでおります)

群馬公演は超満員
IMG_2281(2).jpg
それでも十分にいい響きのホールで、全編マイクなしで演奏しました。

第一部はクラシカルに~
IMG_2279(2).jpg

第二部ははじけて~
IMG_2280(2).jpg

群馬公演では客席とステージが近く段差もなかったのですが、
休憩時間には楽器台のまわりに人だかりが出来ていたそうです。
お客さんの多くはオカリナ吹く人で、どんな楽器かご興味がおありだったのですね。
それで楽器の紹介コーナーも挟んだりしました。

ちなみにとくべつにこうかい・・・
洋子さんコーナー
IMG_2259(3).jpg

もりしたコーナー
IMG_2263(2).jpg

会場の響きやお互いのバランスによって楽器をチョイスするので、なるべく選択肢を多くしておきたいんですよね。これは佐久の時の台で、そのあとの公演でもお互いいろいろ使用楽器変わってます。

プログラムではG線上のアリア、小さな旅、などのお馴染みの作品がはやり人気でしたが、ほとんどのお客さんが初めて耳にしたであろう「ホワイトフォレスト」がとても好評でした。作品そのものやピアノアレンジが優れたものであることもありますが、寒い冬の森のイメージが、佐久や群馬の方には馴染んだのかなあと思います。
自分の中では、ずっとやりたかったバロック作品が演奏できたことが嬉しかったです。ナチュラルに演奏するにはまだまだ、ですが…

洋子さんと居るとほんとによく話すしそれだけでとっても元気になれるんですけど
(もーほんとに元気で、ポジティブで、あったかい方ですので)
たくさん話した中でも、洋子さんが信念とするオカリナへのスタンスには
とても共感するものがあります。
一緒につくってゆく音楽の中でもそれをつよく感じながら演奏できたこと、幸せでした。

(奈良・神戸ではほとんど写真とってませんでした・・・。
もらえたらあとでアップします!)