FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

07 ≪│2005/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近本の虫。

今日も何匹殺したかなあ・・・。
まぁ涼しくなれば鎮静化するんだろうけど。
いったいどこにサナギ作ってるんだろうかノシメコクガ。

さて、今日は出かけるのに携帯電話を忘れてしまった。そんなに困るもんでもなかろうなどと思っていたが、そんな日に限って着信5件、留守電1件にメールが3。
まあいずれもレッスンに遅れますとかの生徒さんの伝言なのだが。

そして家に帰りの連絡をしようと、駅の公衆電話へ赴くと「ただいま硬貨は使えません」と張り紙。テレホンカードなどという遺物はもってないので、帰りの連絡もできず。なんかやっぱり、携帯がないとやってけない時代になってしまったのだなあ。
それにしても公衆電話の少なさにはおどろく。もうちょっと置いててもいいんじゃなかろうか。携帯電話がいかに浸透してると言ってもなぁ。

ある○の手記

私が生まれた場所は、暗い世界だ。
真っ暗であたたかな世界で生まれ、育った。
大人になるとやがて光のある世界へと興味がつのり、この暗い世界を抜け出そうと必死で出口を探ったのだ。
やがて出口はみつかった。ちいさな光をたどって外の世界へととびだしたのである。

読んだ本紹介

なんだか気持ちがおちつかないので本を買ってきて読んだりしてみる。



ナチ将校の妻―あるユダヤ人女性:55年目の告白

著者エーディト=ハーン=ベアはオーストリア、ウィーンに暮らしていたユダヤ人女性。第二次世界大戦のナチスによるユダヤ人迫害を、自らの正体を隠してドイツ・ブランデンブルグに潜伏することで逃れた。
物語としてとても面白い、等と思ってよく考えるとこれはフィクションではないのだ。そう思うと実に恐ろしい話。

オーティス・マーフィーさん

今日は梅田ドルチェアーティストサロンへ、アメリカ人サクソフォンプレイヤー、オーティス・マーフィー氏のマスタークラス&ミニコンサートを見に行ってきた。
いやあ、なんともパワフルな演奏される方でした。パワフルかつソフト。