FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

年の瀬

毎年のことですが、この時期は年賀状かきに追われてます。
いまもすぐ横でプリンタがかしゃこんかしゃこん動いてます。
年々…デザインが手抜きです。
昔は手書きでイラストを書いてそれをスキャンしてフォトショップでぬりぬり、とかしてましたが。
だんだん手書き率が減って昨年から0パーセントです。

とりあえずもうすこし「イラストレーター」が上手に使えるようになりたいです。
ようやく線の引き方がわかったところです。
しょっちゅうどっかに「おぶじぇくと」が消えたりして探すのに手間取ります。
ちゃんと使えるようになったらコンサートのチラシとか自分で作りたい。
そしてサックスで食えなくなったらDTPとかウェブデザインとかで食っ…いや冗談です。

もうこんな時間か。少しだけ眠ろうかな・・・。

サックスでクリスマス!

トゥジュール&大島@西宮やっと終わりました!
お客さんは1150人、カンパは94万だったそうです!ワーイ!!

何がたいへんって、今回のコンサートの準備は夫たぼたぼが今まででいちばん苦しかったんじゃないかと思うのだけど(とくにほろ酔いすぷらっ酒の編曲)
それを側でみてて…まいにち夜遅くまで作業して、朝は頭痛かかえて起きてきて…
いかに普段、夫に甘えてたのかを思い知りました。はい。
皿洗っといてーとか、ちょっと子供みといてーとか、
気軽に頼みすぎてたなあと。

家事が上手い方ではないので、なにを片付けるのにも時間がかかるし、子供ふたりとも家に私がいてるとどうしてもひっついてくるし、ほんとに自分のことをする時間がなくて。
なにより体力がもたなくて毎日夜は子供とばたんきゅう。
結局自分の練習もままならなず、本番を迎えてしまいました。


ひとのせいにする

京橋駅のエスカレーターで。
乗りたい電車がすぐ来そうだったんで左側を登っていく。
と、半分過ぎたあたりで人の流れが止まってしまった。
のりたい電車がもうホームに入ってきてる。
すると後ろの方で
「とまるなー!左側いくんやったらあるけ!」
と焦るようなおじさんの声。

うん、まぁたしかに止まられるとちょっと残念ーって自分も思うけど。
でもぎりぎりになって乗れなかったとしてもそれは自分のせいやん。
もうちょっと早く出ればいいことやん。


朝、自転車で息子を幼稚園まで送る。
なんやかんやでもたもたしてて出発がぎりぎり。
ひっしで自転車こいで、すでに青信号になっていた国道をつっきろうとしたら横断歩道のどまんなかに車がとまってる。
避けようとしたらスピードがおちて停止してしまった。子供ふたりをのっけた自転車を最加速させるのは時間がかかる・・・けっきょく信号が赤にかわってしまった。こんなことなら歩道橋のぼったのに・・・
「なんでこんなとこに止まってんねん!」
でっかいこえで野次とばしておもわず車を蹴っ飛ばしそうになる。

で、先日のエスカレーターの件思い出して反省する。
ひとのせいばっかりにしてちゃいかんな。

難しいコンサート。

昨日は地元の公民館で恒例のクリスマスコンサートでした。
小さい子供がいても気軽に、子供は静かにきくのでなく自由に楽しむ、そんなコンセプトでこれまでやってきたコンサートですが、今回は非常に残念なことになってしまいました。

演奏前に「遊びたくなったら後ろのスペースで」ということを毎回言ってるのですが、今回の騒ぎようはあまりにひどくて、演奏も司会もほとんど聞こえなくなるほどのひどい有様。
たぶん聴きたいと思っている人でも、注意を凝らさなくては聴こえないくらい、とても演奏会といえるような状態ではなくなってしまいました。

そんな状態なので子供向けの一部がおわるとお客さんは半分ほどになってしまい・・・(毎回一部だけ聴いて帰る親子連れはいるのですが今回はかなりの数が帰りました)
演奏が終わってから、演奏者が舞台袖にひっこむ前からぞろぞろと出て行った人がたくさんいたときのショックは、忘れられないです。
もう聴きたくないという人、中にはこれ以上(自分の子が)迷惑かけるのは良くないと思って帰った人もいるとは思います。
しかしそんな状況ですから二部からも当然のように?演奏の途中で平気で出入りしたり私語をする大人たちがいて残念な思いをしました。

そんな中でもいちばん残念だったのは騒ぎまくってた渦中にわが子がいたことです。
それも「いちばん」騒ぎまくってたようです。
子供というのは一人がなにか過激なことするとみんな真似するので、わが子がすべての原因と言ってもおかしくない状況だったかもしれないです。
帰ってからおじいちゃんにこっぴどく叱られたようなんでなにも言わなかったけど、親としてな一体にをやってきたんだろうという気持ちにならざるを得ず。
たぶん、自分の両親が舞台いにいて、客席には友達や知り合いがたくさんいて、そんな状況が彼を興奮させてしまったのだろうと思いますが。

自分も子供がいてなかなか生の音楽に触れることができず悶々としてる一人ですが。
そう簡単にはいかないものだと、演奏者として親として、さらに悶々としてます。

36回目のお誕生日。

お誕生日オムライスもう昨日になってしまいましたが。
夫の誕生日でした。

好物のオムライスを超特大で。
ちょっとでかすぎたかもしれない。ぜんぶ食べるのしんどそうだった。