FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

その後マック

結局プリントサーバを使ったプリンタ共有はあきらめて、iMacに接続して共有することにしました。
ということはwinからプリントするときはその都度マックを立ち上げないといかんわけです。やっぱなんかちょっと不便かなあ。。。
そんなんでプリントサーバが一個、浮きました。
せっかくだしこっちはインクジェットプリンタにでもとりつけるかな。
双方向通信なので便利だし。
(じつはもう一個パラレルタイプの古いプリントサーバも浮いてる)

しかしこのマック、旦那の仕事用マシンなのに。
快適すぎてついネットしてしまいます。
自分のwinもまもなくアップグレードするんですがディスプレイは15インチのまま。
やっぱiMacの20インチはでかい。

このでかいディスプレイは、やっぱり本体をディスプレイと一体化させるときに必要となる容量の結果なのでしょうか。
やっぱり本体はコンパクトに、ディスプレイは大きく、が理想ですから。
発想の転換、だなぁ~。

しかしOSXのフォント表示ってなんか広告みたい。
すごくすっきりして見やすいんだけど。慣れないからへんなかんじだ。

…新しいマシンはたのしい玩具だな。自重せねば(笑

iMac

iMac(MA876J/A)がとどきました!
いまはマックからネットしてみてます。快適~
いかに自分のウィンドウズがへぼいスペックなのか思い知ります。
まぁ…父に作ってもらった自作マシンで5万もかかってないし…
ネットするのも不便なのでこっちもいいかげん、アップデートしてもらおうかと。

このiMacは旦那の仕事マシン。作曲・編曲作業にだけ使われます。
(でもセットアップは私の仕事)
にしてもでかいディスプレイ。20インチ。よう見えます。
音もかなりいいです。
これで14万はお買い得。
http://www.apple.com/jp/imac/

しかし…プリントサーバ使ったプリンタ接続がどうしてもうまくいかない。
こんな時間まで悪戦苦闘したけどダメ。
わけわからん呪文ばっかり印刷される…(T△T
それになんかOSXに慣れない。
だれかくわしいひと助けてください。

オカリナ・複数管

最近レーザープリンタが壊れたのを機会に、だんなの仕事用Macもふくめて買い換えることにしたり
いまだに年賀状の整理がおわってなかったり
トゥジュールの動画を配信するために編集したり(mixiにはアップしてます。ウェブサイトの方はちと手間取ってます)
そんなこんなで、さしせまった本番はないもののいろんな作業をレッスンと家事の合間にやってるところ。

昨日は昼間にすこしまとまった時間が出来たので練習をすることに。
ってこんなことかくといかに日頃練習してないかがわかるなあ~^^;
トゥジュールリサイタルでやる予定のゴトコフスキーの譜読みでもするか…と気合をいれ…
でもなんだかちかごろ、吹かないでいるオカリナ達がいるのを思いだし、家にあるオカリナの片っ端から息をいれていく。

で、未だ攻略できずにいる複数管をなんとか攻略しようと。
(ご存知ない方に説明しときますと複数管というのはその名の通り二つ以上の管がくっついたオカリナです。こちらの記事参照
しばらくイカロスのトリプレットを練習。
だいぶ3つの管を行き来するのにはなれましたが…やっぱり難しい。
実践ですらすら吹くのには程遠い。音階やアルペジオを吹くだけではちっとも慣れない。
なにかいい練習曲でもないものかと思ってます。(いきなりチャルダッシュとかは無理です)
それに自分の息が弱いのか、どうも音程が上がりきらない。あっためるとちょっとはマシですが・・・

そんなこんなで断念し、ダブレット(オカリナ工房かがみ製)を練習。
これが、慣れてくると意外といいかんじで吹けてくる。
二つの管の音色が揃わないのが課題。でも吹き口を行き来するのにはなれてきました。
なんかおもしろくなってきました。これはつかえるかも。
そんなこんなで吹いたあと製作者の加々美治さんに意見や感想などメールしてみたら
さっそく丁寧な返信いただきました。感激。
これはほんとにものにして演奏で使わねば。

しかしオカリナの選曲してると、「こんなときもっと音域ひろけばなあ~」なんて思うこと多々なのに。いざ複数管を手にしても、いい曲が思い浮かばないのはなんとしたものか。
なにかいい曲ないかなあ。

リフレッシュ!

今日は夕方から家族で月ヶ瀬の温泉へ浸かってきました。
お父さんの骨折の湯治もかねて・・・
いや~一時期はよく行ってましたがここ一年くらい忙しくてなかなか行けず。
ようやく!かなーりリフレッシュしてまいりました。

きょうは平日で人も少なくてとっても快適。
ここの温泉のイイところは、なんといっても人があったかい。
店の従業員さんも、お客さんも、なんだかほのぼの、あったかいです。
さらにグッドなのはお食事処。しいたけや梅などの月ヶ瀬の特産品を使った郷土料理。
これがまた素朴な味わいで美味しいんですわー。
さらにはとなりのふれあい市場ではおいしい新鮮野菜が安い!
今日はもう、かいまくりました。白菜にサツマイモ、菊菜、しいたけ、おおきな葉付きのかぶら。
値段はスーパーの75パーセントくらい。モノによっては半額以下なので、つい。
来週は2回くらい鍋しないとなあ…

ってわけで我が家のお気に入りスポットです。

今日は娘がえらく興奮してました。
風呂場へはいるなり、さっそうとひとりでジャグジーのある湯船に浸かりに行ってました。ってかあぶない。
露天風呂ではお猿さん親子みたいに、しがみついてましたが。
暗くなると外のイルミネーションがうれしかったらしくおおはしゃぎ。

帰りの車では息子ともども爆睡してました。
あしたからまたがんばろう。

梅の郷 月ヶ瀬温泉

文章って難しい。

ちょっと時間ができたので過去のブログを読み返してみた。
なんだかさいきんの自分の文章はおもしろくないなと思う。
じつは自分のネット上での言葉遣いをとあるご年配の方に注意されたことがあるのです。

もともとは独り言を垂れ流してるだけの気楽なブログだったけど、そういうこともあってかなり考えて丁寧に書くようになりました。いや、たまにそうでもないときもあるけど。
結局、なんかそれじゃ自分じゃないのです。

あとはmixiをはじめてからは、ホンネはそっちでこっちは外面っぽい感じになってしまったっていうのもあります。(同じ文章もけっこうありますが)

これからはもうすこしホンネで書こう、と。
ですます調にこだわるのもやめようと。
独り言垂れ流し、にもどっちゃうかもしれないけど
でもきっと意味のないつまらないことは書かないはずだ。

そういうわけで。
こういうくだけた文章の書き方に一家言あるって方は、
読まずにスルーしていただきたい。


今日、リンクに「ORANGE PEPPER」追加。
ブログオーナーののりぽんさんの熱心な練習日記を見て
自分ももっと練習せな!と焦る・・・
ユニークな年賀状も見れるのでぜひどーぞ!

ヴォーチェ・ベルステラ

昨日1月6日、
西宮・アミティホールにおける震災復興祈念コンサート、「ヴォーチェ・ベルステラ10周年記念コンサート」終了しました。
いつも譜めくり&ちょこっと共演&ちょこっとソロ演奏で参加させてもらってますが…
今回の集客数はなんと1400人超え(@▽@
そしてカンパは新記録の130万。
びっくりです。
前回、クリスマスイブのトゥジュール公演は1150人でカンパ94万だったんでかるーく抜かされましたねー・・・
これで夏・秋で出た赤字は解消されるでしょうか。(夏と秋の公演ではカンパが集まらなかったのと台風で1公演流れたので大きな赤字がでてしまったのでした)

毎度毎度、お客さんが増え続けてこの数。
しかしその努力は並大抵なものではありません。
ことに主催者の実行委員では多くの宣伝媒体への働きかけ、のみならずアンケート記入者などにもたくさんのダイレクトメールを送っておられます。

演奏者側の工夫もいっぱいあります。
今回も新春にちなんだ演出とか、アンコールでの演出とか凝ってました。
でもやっぱり、これだけの評価が得られるのは…歌のチカラでしょうか。
歌詞をすべて覚えて歌う、表情で観客に語りかける…楽器演奏家ではこのようなところを真似るのはなかなか難しいところです。

今回自分が演奏したのは
「冬が来る前に」「コンドルは飛んでゆく」「時の流れに身をまかせ」
どれもいいメロディーで大好きです。
ベルステラのお客様にはきっと喜んでもらえた選曲じゃないかなと思います。

そして、1400人の前でソロを吹いたのは初体験ですね、おそらく。
すごい!!でした。