FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

編曲「千の風になって」

3/7に演奏を予定している「千の風になって」がやっと編曲できました。
千の風~の旋律は、低音部と平行に動く所が多くて
4声に編曲するには難しかったです。。。
禁則とか気にしなければさっさとできたんでしょーけど
やっぱり気になってしまうので
(そんでもまだまだ禁則だらけだとおもわれます)

一小節に何十分とかかかって、「ここがわからん」というと
旦那がやってきて ちょちょいのちょいとかやるので
ちょっと悔しいです。
学生のときもっと理論とか和声の授業をまじめにきいとくべきでした。
先生すいません。m(_ _)m

あとフィナーレ2008は、
旧バージョンと違うところが多々あって苦労してます。
たまにしか使わないのにまた一から慣れなおさなくては。。。
結婚してからというもの、編曲とか楽譜作成は旦那にたよってばかりだからなー…
もうちょっと自分でできるようになりたいです。

トゥジュールSQ「サックスでリラックス」奈良公演

サックスでリラックス!コンサートのお知らせです。
サイドのコンサートインフォメーションにもお知らせしておりますが、来る3/7(金)、やまと郡山城ホールにてトゥジュールのコンサートします。
トゥジュールの大和郡山での公演は3回目になります。
西宮の公演で好評だった曲目を中心に、趣向を凝らしたプログラミングになっとります。

これまでいろいろ宣伝活動してきましたが、残すところいよいよ3週間をきってしまいました。
トゥジュールの練習のほうもぼちぼち、本格的にしはじめたところです。
今のところ予約・売れ行きはざっと100ぐらいでしょうか。うーむ。
毎度200~250程度だったように記憶してますが…今回はなんとか満席にしたいものです。
311席が埋まるかどうか!これからが勝負ですね。がんばろ。

以下、コンサート詳細です。

雪の北山教会(ノーザンチャーチ)

ノーザンチャーチ今日は京都・北山のノーザンチャーチ(北山教会)まで、
結婚式に参列してまいりました。
じつは11年前の、まだ学生だったころに
2回ほど演奏したことがある教会です。
自分にとってはとても思い出深い本番でありました。
人生最初で最後の?テナーでのカルテットで(笑

ノーザンチャーチに行ったのはまさにそれ以来、11年ぶり。
当時は京都市営地下鉄の終点が北山駅でそっから歩いていったのですが、その後地下鉄は国際会館までのび、今では松ヶ崎の駅からすぐでした。

ってーことをぜんぜん知らずに、というか事前に調べもせずに過去の記憶をたよりに北山駅をおりててくてくいったわけです。
ひどい雪の中です。
ただでさえめちゃくちゃ寒いのに。
手荷物に持ってた紙バッグがよれよれにぬれて破けてしまいました。本番以外じゃめったにはかないスエードのパンプスがどろどろになっちゃいました。とどめに、車におもいっきし、びちょびちょをぶっかけられました。

着いたころにはもうかなり参ってました。
というかすぐそこに「松ヶ崎駅」の出口が見えたときはかなりがっくりきました。じぶんアホやん・・・
・・・それでも、11年ぶりに教会の正面を目の当たりにするとふつふつと懐かしさが。
そういやあのとき50円の衣装着て吹いたんだよなーとか
美女と野獣のソロでおもいきり音はずしたよなー
・・・とかいうしょうもないことばっかり思い出されるのは不思議なものですが。


マテマティカ

NHK教育のマテマティカっていう算数の番組があります。
我が家では午前中はほぼ教育テレビがかかってるんですが
いまのマテマティカはBGMがALLサックスアンサンブルです。
やっぱりどうも反応してしまいます^^;

なんかスタジオっぽーい音響なので
一人多重なのかなあとも思ったんですが
そうではなくてあのひとたちでした。

(ここ参照)

しかしこうして、仕事とはかけ離れた日常のなかで不意に聞こえると
サックスアンサンブルっていうのはすごく特殊な音でおもしろいなあと。
うん、この人たちは音だけでなくやっぱり音楽もすごくおもしろいんですけど。