FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

オカリナ奏者…といえるまで

久しぶりの更新です。
昨日・・・もうおとといですね。三木楽器のオカリナフェアに出演させていただきました。
聴いてくださったみなさん、ありがとうございました。
正直言って、かなり、きんちょうしました!!!
緊張のあまり、行きの電車をおりるときに、楽器をかかえたまますっころんでしまいました!!(アホですね…)

心斎橋三木楽器にはたびたびオカリナを買いに行っておったわけですが、ある日楽器をひろげて試奏していた折に、管楽器売り場のIさんよりいずれフェアで演奏してもらえないか…というお話をいただいた時には「エーッそれはもうよろこんではいはいはいはい!」ってな感じだったわけですが、いざオファーをいただいてからというもの、プログラムはどうしたものか、楽器ももうちょっとええのんを使わんとあかんのちゃうか、etc,,,いろいろとソワソワしながらも時間はあれよあれよと過ぎて。

アミティホールのような大きなホールで何度も演奏してはいますが、今回はわけが違います。お客さんのほとんどは、オカリナをご自身で演奏される方、なわけです。それはもう、いろんなオカリナCDをきいておられたり、演奏をきいておられたりしてさぞ耳が肥えておられる、もしかすれば自分なんかよりずっと長いことオカリナを吹いておられるお客さんもたくさんおられるんでは…

…気が付いたらいつもどおりのデュオたんとのライブをやっておりましたが。でも正直どう思われたのか…下手くそがサッサと終われ早く本谷さんが聴きたいんだよ…夫婦とかどうでもいいよ…親バカネタ?笑えねえよ…とかそんなことを思われていたのではないかとか、現在進行形でわりと被害妄想に取り付かれていますorz

さて、気を取り直して。

二部で演奏された本谷美加子さんの演奏はたいへん興味深かったです。たぶん、だいぶ年上の女性なのだと思うのですが、わたしよりずっと若い?少女のような美しさでした。不思議な魅力がありました。ピュアでした。
そして奏者として、とても、そう、とてもプライドをもって演奏されてる。自分の世界をきちんともっておられる。ああこれは自分にはないよな…と。

オカリナってピュアな楽器、とおもわれがちですけど、そうとも限りません。大沢さんの演奏を聞いたときにはたまげました。もちろん、ピュアなんですが、それはもうアツイ。あの方の演奏は生きる躍動そのものだと思いました。ああいう、ストレートに思いをぶつけてくるような演奏が私は好きです。あこがれます。

楽器というのはその人の心をうつすのだと思うのです。
人はピュアでありたいと願う。だからオカリナの音に、あこがれるのかもしれない。
私の音はどうなんだろう・・・うーん。

さて長くなるんですが、ついでにもうすこし書いておきたいことが。

きょうの一枚

ごりあて息子(小1)の作品。
ほこらしげにピアノの譜面台に飾ってありました。

・・・もうすこしレベルの高いものを…(略
まあ、和んだのでよしとしよう。

歴史ある街に住んで

自分は京都・奈良に住んできているわりに、非常に日本の歴史に暗いのだと自覚した。
これはなんだかとてもよくない気がしてきた。

きのう、仕事から帰るとめずらしく旦那が、旧友と二人で飲んでいた。
もうすでに出来上がってて、私の帰りを厳かに土下座で(笑)迎えてくださり…帰るなりこのテンション!?…と正直少し引いたが、しかしこの人の話が非常に面白くて、ついつい遅くまでいも焼酎なんぞ飲みながら話をきいておりましたよ。

奈良という土地、そこここにある自然はすべて、人の知恵によってもたらされた、いわば人工の自然であると。長い歴史の中で、その時代の人々の洗練された知恵によって作り変えられつづけた結果なのだそうな。
そしてそれは日本中ほかのどこをさがしてもないものなのだと。

その人は関西から東京へ移り住んだ人で、京都の人と東京の人とは近いところがあるとも言っていた。都びととしてのプライドのようなもの。どちらも一見人当たりはよいけれど、その人間性の根っこにはなかなか触れさせてくれないと。
なるほど、言いえて妙かも・・・。

まあしかし自分の場合京都とはいえ市内ではないので、その文化に密着して育ったかというとそうでもないから、生粋の京都人ではないのだけど。京都弁だって使わないしw


しかし、その地に住むことへのプライドとか。考えもしなかった。
「もうそろそろ考えるべき歳」だと。そうだな、確かに。もう自分のことよりも、引き継がれる時代のことを考えて生きねばならないのかもしれない。

だがときおり自分の生まれ育った街を訪ねると感じることがある。なつかしさ、自分が育てられた場所への愛着というものか。それが少しずつ、新しいものに入れ替わり、様変わりしていくことにはつよい寂しさを覚えるというのは誰しもがもつ感覚ではないか。
そこで、寂しいなあといってみてもはじまらない、じゃあどうする?

…いやはや。参りました。

三木楽器・オカリナスペシャルフェア

三木楽器・オカリナスペシャルフェアに出演させていただくことになりました!!

MIKI GAKKI Presents オカリナスペシャルフェア
2/21(土)
場所:三木楽器 開成館サロン
(三木楽器心斎橋店ではないのでご注意ください)

オカリナ展示即売会(入場無料)
 11:00~14:00
 およびコンサート終了後19:00まで

オカリナコンサート(入場料\3,000)
 15:00~
 出演:本谷美加子  デュオたんと(森下知子・大島忠則)
 定員(100名)になり次第締め切りだそうです。

オカリナスペシャルフェア詳細はこちら
http://www.mikigakki.com/category/osusume_list_photo.php?Rec_Id=498

三木楽器開成館
http://www.miki.co.jp/kaiseikan/


展示即売会でたくさんのオカリナの試奏、購入ができます!!
さらに、なかなか関西では聞けない本谷美加子さんのオカリナ演奏…!!
自分もかなり楽しみです…緊張しますが…
いつもとちがって大半がオカリナ演奏になるかと思いますが、少しはサックスを使おうと考えています。ぜひぜひ、いらしてください!