FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

発表会

プレゼントわがたんと音楽教室の発表会でした。
毎年の事ながら、たいへんです。
至らないことだらけで生徒さんには迷惑かけまくりでほんとうに申し訳ない。
いつも段取りギリギリで。もっと効率よく、みなさんが楽しめるように、しないとですね。

自分の生徒の発表会ってのはものすごく疲れます。毎度の事ながら…
というのも、(教える仕事してる方にはよくわかると思うんですが)
生徒ひとりひとりが舞台に立っているときは自分も心はそこに立っているんですよね。
だからそのつど、自分もひとつひとつの本番を、やってる。
ハラハラしたり…やった!見事!とうなったり…

さっき子供を寝かしつけながらウトウトしてたんですが、夢の中でも一所懸命、舞台に立つ生徒を横から応援してました(笑)ああそうそう、もう終わったんだ、終わりおわり。と思ってまたウトウト…がんばれ!…で、同じことの繰り返し。(なんか疲れたときにそんなんってないですか?)

さて今回終演後、愛する生徒達がプレゼントをくれました。
写真はそのひとつ、わたしの誕生日から選んでくれた石のストラップ。
もっときれいなんですよ、実物は。すきとおってて。こういう光を通すモノってのはきれいに写すの難しいですね。
(大島先生もイイモノもらってましたよ、ね)
そして、もうひとつ。生徒みなさんからの寄せ書きが一冊の本になっていました。いつのまに撮ったのやら、わたし達や生徒達の写真とかもいっぱい貼ってあって。すてきな手作り本になってました。恐れ入りました!!
なんというか、こうして、ひとつひとつの係わり合いを大切にしてくれる、その思いがとても嬉しいですね。
…しかしこんなことをして貰えるような自分ではないのになあ…もっとがんばらないといけないなあ…と、思っています。

なんというか…「がんばる」ってのはいいことですよね。
最近は「がんばれ」って言うことをあまりしないのです。きっと言わなくても皆がんばっているから。がんばれって言葉が軽く、他人行儀に思えるから。
だけど、がんばるってのはいいことですよね。(二回言ったw)
がんばったことが結晶になること、それはきっと多くの人にとって、それこそ雪の結晶みたいによくよく見なければ目に見えないなにか。だけどその人にだけは見えるものだから。
がんばってもどうせたいした結果になんかならないと、そんなふうに思えてしまうことが多い今の世の中だけれど…
でもほんとにがんばってる人をみると、笑顔を見ると、捨てたものじゃない、と思う。それにそれが自分たちを信じて付いてきてくれているということはなお、とてもとても希望を感じさせられます。

深い思いを込めて…これからもわたしたちの愛すべき生徒さん達に、がんばれ!といいたい。

おつかれさんでした!!!

トゥジュールSQ&大島忠則@西宮アミティ終了

5/30 トゥジュール&大島忠則のサックスでリラックス@西宮アミティ
多数のご来場、ありがとうございました!

インフルエンザ騒動で動員が心配されてたなか、950人ものお客様に来ていただくことができました。これも震災復興祈念コンサート主催者の松田さんが新聞・メール・DM・などで必死で動かれて、どうにかこうにか集まったという状況かと思います。
いつもは来てくださっている方も遠慮するというお話があったり、コンサートが中止になったのではないかと思っていらっしゃる方もいたりして、直前になってこちらから直接声をかけることで「行きます」と言ってくださった方もたくさんいらっしゃいました。

会場に入った瞬間。いつもながらのみなさんの暖かな眼差し。「ああ、この会場のこの空気!」
あれがあってこそ私は、なににもまして楽しんで演奏ができる。
自分の中にあるものを最大限に引き出してくれるのは、ほかでもなくお客さんです。そして、この日「行きます!」といって来てくださるお客さん一人一人のお顔を思い浮かべて演奏してます。

しかしながら西宮でトゥジュールでの公演は今後、存続の可能性が低いということになり、とても残念です。なにが残念かというとやはり、祈念コンサートに来てくださる皆さんと一緒につくりだすあのなににも代え難い味わい、あれがもうないのかと思うと、これほど寂しいことは無いです。

ここ2日、なんだか抜け殻のようになっていました。
コンサートの疲れ、もあるかと思います、燃え尽き症候群に似たようなものでしょうか。
再来週に教室の発表会があるのでそのためのレッスンもずっと詰まっており、ぼーっとする余裕もないのですが…^^;
次、また次、と自ら打ち立てていかねばならぬというのは、難しくもあり楽しくもあり。

つぎは7/11(土)のソロ公演。
いつまでも呆けてないでぼちぼちエンジンかけていかないといけませんね!
よろしくお願いします。