FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

オカリナいろいろ

昨日のことですが、仕事のかえりにオカリナを買いに三木楽器へ寄ってみました。
生徒さんのオカリナいくつか選定後、プリマからでたOsawaモデルのトリプレット(三管)とダブレット(二管)とかいろいろ、吹いてみました。

「Osawa ocarina」
まずOsawaトリプレットは、自分が持っているトリプレット(イカロス)と比べると、音程も音色もずっと安定しているな、という印象。フィンガリングは管同士の距離がそこそこあるので慣れるまで少し時間はかかるかなあーと感じたけれど、それでも全体の支えやすさという点を踏まえると安定感は十分かと。
ノーマルとソロ用モデルがありましたが自分の息ではノーマルが良いみたいです。ネーミングが「ソロ用」となっているので単純にソリスティックに演奏するならそちらが良いのかと思われ勝ちなのですが…そこらへんは個人の息の量で選ぶべきでしょうね。無理に選んでも、吹きこなせる息の量がその人に備わってるかというのはまた別であると思われるので。

「Osawaノーブル」
Osawaノーブルは別の会社から出ているOsawaブランドですが、こちらのダブレットはものすごく「楽な」楽器でした。ダブル管とはおもえぬ手軽さ、フィンガリングの楽さ、吹き口の移動もとても楽で息も楽です。音色も十分ですし、これは手軽にダブレットをはじめられるので、オカリナにそこそこ親しんだ方におすすめしたいといえる楽器でした。

自分はオカリナ作る人間ではないですからこのクォリティを出すことの難しさがいかほどかわかりませんが、店に足を運んでこれだけの楽器がすぐ手に出来るってことは、いい時代になったものだなぁーと。同時に強く感じたことは複数管のオカリナというものがこうしてこれからもどんどんメジャーになっていくということは、自分の技術もそこに追いつかせなければいけないのではなかろうか、ということ。
…もうちょっと本腰入れて練習するかなあ…

しかし複数管をつかってやりたい!というモノがいまのところあまりなく。自分の場合、音域が足りない曲ならサックスでやればいいじゃないということになっちゃうのと、自分の持っている複数管オカリナだと音量がさほど強く出ないため、マイクをつかわないでピアノと共演することが前提の舞台ではやや扱いづらい点があげられます。しかしOsawaトリプレットならそこらへんの解決にはなるやもしれないな、と思いました。
自分の好みは、ノーマル・漆仕上げですね。今回買ってないけど…いずれ買うかも…

「ソルジェンテ」
自分がメインで気に入って使っている「ソルジェンテ」もほんの数本選定してきたのですが、すこしモデルチェンジしてました。ウィンドウェイの部分が長くなってる。音色への影響がこれによるものかわかりませんが、自分のものと比べるとややスマートな音色であるように思いました。あとお値段が上がってた…。しかしあの楽器はそれくらいの価値はあると言えるかな。

「アウロス」
で、三木楽器で市川氏にお薦めいただいたのが、「アウロス」。生徒さんのものをいくつか吹いたことがありますが、これもマイナーチェンジが入ってるようでずいぶん印象が変わっていました。重みがあってよく鳴る。ビリビリ来るほど鳴ります。…はい、アルトC衝動買いしちゃいました…。

「おまけ。」
アケタもちょこちょこマイナーチェンジがはいってますが、しっぽの部分が変形したようが気がします。気のせいかな。自分にはもちやすくなったけど、人によっては持ちにくくなったという声もあるそう。あとは妙に吹き口が太いものがいくつかありました。
あと、以前行ったときに一目ぼれして買ってしまった楽器は、「ノーブル」のプラスチックオカリナです。これはびっくりでした。今まで吹いた中で一番すばらしいプラオカリナでした。プラは安いので衝動買いしてしまうのも無理はないですが、あれは値段以上の価値があるかと。特に高音の出やすさ、音色の響きは他にないなあと思いました。プラも侮れない。
しかし今回三木楽器には入ってませんでした。けどあれはじゃかじゃか店に入れてほしいなぁ。

鳥取旅行記

叔父の三回忌の法事で鳥取までいってきました。
鳥取という地は大島家のふるさとの地、夫忠則の祖母と父とが生まれ育った土地です。

今回の旅で印象にのこったこと。
法事で行ったお寺(玄忠寺)の本尊の装飾が見事だったこと。
肝心の仏像のほうは不思議とあまり覚えてないのですが…それをとりまくようにほどこされた、木彫りのレリーフ。美しいカラーリングをなされた飛天が何人も舞い、四方にはこれまたかっちょいい四天王。あれはちょっとした、美術作品ですね。
その外側にあるカラーリングされてないレリーフもこれまた見事な竜。
ああ、写真とってくればよかったなー…でもお経を上げてもらいに来たお寺でばしばし写真とるのもなんだかな、ということで。
こんど行ったら撮ってこよう。

なんでも荒木又衛門という歴史人物ゆかりの寺で、鳥取の観光スポットでもあるということらしいのだが、そちらはちっとも興味なく…またそのうち。


自分は小さい頃にも鳥取へ行ったことがありました。たしか母の古い友人を訪ねて、しばらく家族で滞在させてもらった・・・様な気がします。随分昔の記憶ですが、砂丘へ行ったり海で遊んだことはおぼろげに覚えています。で、そのときに砂丘の浜辺におおきく絵が彫られていたのを目にしたのですが(にこにこ顔だったような気がします)、それが実はNHK朝の連ドラのワンシーンで使われた…という記憶があるのです。今ではあそこに絵をほったりするの違法行為とされてるので(ネットでも落書きした大学生が叩かれてましたね…)、もしかすると黒歴史かもしれない?

二日目は宿泊した施設そばにあった湖、「湖山池」の中にあった島(青島)を散策したあと、砂丘にも行ってきました。
馬の背とよばれるおおきな砂山をはだしで登り、海岸へ。
子供らは波打ち際で水遊び…海で遊ぶと後始末がめんどうなのだけど、まだまだそういう制御がきくお年頃ではなく案の定二人ともびしょぬれ。

そのあとおやつにアイスをたべてリフトに乗る。子供らはこういう乗り物大好きですよねー。自分も好きです。
「砂丘センター」という建物につながっていてそこは展望台とお土産屋さんなんかのある施設。これがまたなんとも時代を感じさせる建造物で(「砂丘センター」っていうネーミングセンスもさることながら)…バブル期にはさぞ観光客があふれていたことだろうなあと思わされた。
展望台?には一台の望遠鏡。昔っからあるあの、緑色の、お金を入れたら数分見られるおもたああああい望遠鏡。
息子が見たがるので10円(…安っ!)イン。娘が自分も自分もと見たがるので、時間きれたら変わってね、と。
かちゃん。という音、時間がきたようだ。
しかし息子覗きながら「あれ!まだみえるで!」
…最初からお金いれなくても見れてたというオチですね。

その後は帰り道にある「あわくら温泉」にて砂をおとし、砂山で駆使した足腰の疲れを癒す。
結局かなり遅い帰りとなったけれど、やはり高速は渋滞。三人爆睡するなか、おとうちゃん一人で運転ご苦労様でした。

もうちょっと文化的な場所とか、山のほうにもに行ってみたかった気もするのですがまぁ、子供が喜べたらなよかったのかなぁ。
なかなかに鳥取は楽しそうな地でありました。

温泉いってきましたー

今日はめずらしく家族全員がオフ、ってことで…

子供たちが温泉希望だったので湯布院に行くことにしました。
ちょっと遠いけどやっぱり湯布院はいいとこです。

お風呂上がってからはアイスクリームが食べたくなったので
阿蘇牧場へ行ってアイスクリームを食べました。
絞りたての牛乳でできたアイスは格別です。

夜は星がたくさんみえてすばらしい。
自然がいっぱいで幸せです。

九州はいいとこですね。
当面帰りません。ずっとここに住むつもりです。
ごめんなさい。みなさんさようなら。










家族4人でゆららの湯行ってご飯食べてセブンティーンアイス。
オープンしたてのイオンモール郡山のライトが煌々と光ってました。
そんなエイプリルフール。