FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

メリークリスマス!

12/23は西宮アミティホールにて昼は女性ヴォーカルグループのヴォーチェ・ベルステラ公演、夜はトゥジュール・サクソフォンクァルテット&大島忠則公演でした。
今回は夜のリハに備え、ベルステラでの譜めくり&お手伝い演奏は弟子の千井慶子に任せました。
しかしやはり…自分の弟子が緊張しながら舞台に立ってると思うと自分もなんか落ち着かないものですね(笑)公演中リハをしながら気になってしょうがなかったです。あとで録音で確認しましたが演奏の方はばっちりこなしてくれていました。うむさすが。

そしていつものデュオたんとのおたのしみコーナーではサプライズとしてトゥジュール登場、というのをやってみました。ベルステラのお客さんにも、こんなのがあるんだ!と、サックスアンサンブルのよさをちょっとでも知ってもらえたらなあ…ということで。

ベルステラは1260名の動員、トゥジュールは950名でした。うわあ、かなり負けた…orz
しかし年の瀬のこの忙しい日にこれだけたくさんの方がきてくださるというのはすごいことですね…。
昼夜両方聞いてくださった方もたくさんおられたようでありがたい話です。どうか1月のソロ公演にもたくさんのお客さんがきてくれますように…サンタさんおねがいします。

ソロで演奏した「いつかのメリークリスマス」が好評だったので?youtubeにアップしてみました。音だけですけれどね…(綺麗な東京タワーの夜景とともにどうぞー!)

この歌はメロディがとても綺麗なのですが、歌詞も素敵なのですよ。
おとなが夢を与え幸を運んでくれていた子供時代…恋を知って新たな幸せを知る青年時代…大人になって本当の意味での「愛」に気がつくのは、孤独を知ることと深い関係があるような気がします。



さて我が家のサンタさんを待って、こどもらふたりはお手紙をいっしょうけんめい書いていました。しかしなんだ…イブの夜に注文をだされてもサンタさんとしてはなかなか難しいものがあるんじゃないのかな…うん。
…サンタさんからのお手紙はこれから書くようですがさて。

みなさまのもとに幸がありますよう。メリークリスマス。

トゥジュールSQ震災復興祈念コンサート

トゥジュール・サクソフォン クァルテットのコンサート案内です。
恒例の西宮アミティでのコンサート、今回はクリスマス!ということでクリスマスソングをたっぷりお聞かせいたしますよ♪
ぜひぜひおいでくださいませ。

【震災復興祈念コンサート】~サックスでクリスマス!~

■日時:12/23(木・祝)18:15~
■場所:西宮アミティホール 阪神西宮より徒歩5分
■出演:
トゥジュール・サクソフォン クァルテット(辻本剛志(SS)、森下知子(AS)、岩本雄太(TS)、山添悟(BS))
大島忠則(ピアノ・編曲)

■入場料:カンパ形式

■プログラム:
ロウ/踊り明かそう、ジョン・レノン/ハッピークリスマス、メル・トーメ/ザ・クリスマスソング、戦場のメリークリスマス、いつかのメリークリスマス、冬のソナタより「最初から今まで」、ブランデーグラス、プッチーニ/誰も寝てはならぬ、ヴェロンヌ/アンダルシアの騎士、アメイジンググレイス、和泉宏隆/宝島、大島忠則・編/SMAP!ノンストップ!、大島忠則・編/誘い誘われ!ぶらり日本縦断の旅!、ロイドウェッバー/オペラ座の怪人、他

●往復はがきに〒住所・氏名(返信用も)電話番号・コンサート名と日時を書き、〒649-6246和歌山県岩出市吉田68-11松田一広宛へ。公演の五日前必着。二名様ご招待いたします。

以下にカラーチラシと招待状がございます!

 サックスでリラックス!チラシ
 サックスでリラックス!招待状

いずれもword形式にて保存しています。ダウンロード後プリントアウトしてご使用くださいませ。
また、こちらの招待状を持参の上でご来場いただける際には、メールにて私どもにご一報いただきますようお願い申し上げます。(座席数を把握する為です、どうかご協力お願いいたします)

 →メールはこちらからお願いします。