twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

森下知子ニューイヤーコンサート終了

IMGP2338 (1024x678)2014震災復興祈念コンサート「森下知子ニューイヤーコンサート」無事終了しました。
とっても寒い中でしたが西宮アミティホールに900名のお客さんがきてくださいました。

今回はノリのいいお客さんが1階の前の辺りに居らっしゃって、のっけから開場が和みました(笑)

今回でソロの公演は15回目だったのですが、一人で舞台に立つのはいつまでも怖いです。とても緊張します。でも、毎回、温かく見守って下さるお客さんにほんと助けられます。これはたぶん、この「震災復興祈念」に出演してる演奏者が皆、思っていることだと思いますが。今回もみなさまに感謝・感謝です。
終わったあとふりそそぐような拍手のシャワー、何物にも代えがたい幸せです!

次のソロ舞台は5/10。きっとその日まであっという間…そして来年のそのころにはラストの公演を迎えているんだなあと思うと寂しい気持ちです…

さて今回、とっても素敵に写真をとっていただけました。ありがとうございます!

森下知子ニューイヤーコンサート

まもなく震災より19年。
数年前より毎年、あの年に震災があった一月のこの時期に舞台に立たせていただいております。
震災の日は過去へ過去へと遠ざかりますが、
私にとってのこの舞台は年々深い意味をもつものになってきました。
舞台にたち夫と演奏させていただき…あたたかな笑顔や拍手、
そこからおおきな勇気を貰い自分が乗り越えてきた病気のこと。
そしてこれからはそのことへ、ご恩返しの気持ちを込めて演奏をして行こうと思うばかりです。

今度の18日は新しい曲も、それから私たちの定番となった曲も沢山、お届けいたします。たくさんお楽しみいただけますよう、心込めて演奏いたします!
みなさまにお会いできるのを心待ちにしております。

【震災復興祈念コンサート】森下知子・ニューイヤーコンサート

2014年1/18(日)18:00~
■場所:西宮アミティホール(大ホール)
■阪神西宮より徒歩5分
■出演:森下知子(Sax.Ocarina)、大島忠則(pf.arr.)、薮田唯(ピアノソロ)
■入場料:カンパ形式
■曲目:
さだまさし / 道化師のソネット
中山晋平 / あの町この町
米山正夫 / 津軽のふるさと
ファリャ / 火祭りの踊り
浜圭介 / そして神戸
谷村新司 / 昴
イギリス民謡 / スカボロー・フェア
マンシーニ / 「風と共に去りぬ」より~タラのテーマ
M・ジャレー /「ドクトル・ジバゴ」より~ララのテーマ
黄 海懐/ 賽馬
大島ただのり編集/懐かしの音楽玉手箱パート5
B.ウィーラン /リバーダンス


↓こちらにカラーチラシと招待状がございます。

森下知子ニューイヤーコンサートちらし
森下知子ニューイヤーコンサート招待状

いずれもword形式にて保存しています。まだ招待状をお持ちで無い場合は、ダウンロード後プリントアウトしてご使用くださいませ。
また、こちらの招待状を持参の上でご来場いただける際には、メールにて私どもにご一報いただきますようお願い申し上げます。(座席数を把握する為です、どうかご協力お願いいたします)

※座席の確保は、ご応募いただいている方のみになっています。よろしくご了承くださいませ。

祖父

母方の祖父が亡くなりました。93歳でした。
生前に好きだったという「365歩のマーチ」を演奏して送り出しました。
一緒に住んでいた従弟や叔父の話では歩くことが好きで倒れる直前まで、不自由な体でもまいにち散歩をしていたそうです。
祖父が寝たきりになってからも最後までずっと、祖母はその傍につきっきりで世話をしていました。

祖父は戦争で兵隊に行っています。
祖父が一人息子だったため、もしも戦死した場合でも家を存続させられるよう、許嫁として養女として祖母は家に来たのだそうです。ふたりは同い年で従兄弟の関係だったので、おそらく幼いころからずっと一緒に生きてきたのだろうと思います。祖父はめでたく戦争から生き帰り祖母と結婚し、私という存在もそれ故ここに有るわけです。しかし戦争のせいで今の若者が当たり前に手に入れている青春時代などというものは無かった。

このような話を聞くことも今まではほとんど無かったのですが、、、
自分の肉親の生き様から見える歴史、文化、もっと知って行きたいという思いが強いです。

子供時代以来会っていなかった従兄弟とも会うことができました。祖父には10人の孫が居ますが、年齢の関係でその全ての従兄弟と遊んだり会ったりした記憶があるのは、どうやら私一人のようです。
おなじ親族の集まりに居ながらも、同然のことながら見える「人との係わりは」皆違うものですが、私が見えているそれは大きいものでした。これは凄く貴重でありがたいことだと思います。

いま、自分に与えてもらっているおおきなもの、見えていないものもまだまだあるのかもしれないけれど。
おじいちゃんに感謝、感謝の気持ちです。

田舎は湖北の余呉というところで雪がよく降ります。式場はそのとなり木之本でしたが、数日前に降った雪がまだ残っていました。写真はあまりうまく撮れていませんが、山がとても美しかったです。

20140112.jpg

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
皆様、今年もどうぞよろしくお願いします!
ことしは震災復興祈念コンサートでは7つの公演に参加予定です。
ソロ公演は今月18日を皮切りに5月と9月にもあり、そして19年つづいてきたこのコンサート、200回記念ではトゥジュール!
ひとつひとつ、しっかり、がんばらなくちゃと思います。

ざっと昨年のブログを見直してみて・・・なんだかコンサートの告知と終了ご報告ぐらいしかしてないなあと思い、久しぶりに身辺のことなど書いてみようと思います。

FC2Ad