FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ニューイヤーコンサート終了報告

ご報告遅くなりましたが、18日のニューイヤーコンサート、900名ものお客様にご来場いただき、たくさんの方々の協力のもと、無事終えることができました。

震災からちょうど20年。
節目の年として今年の17日は色々な場所で追悼のイベントが行われたそうですね。

20年前あの日の自分。
早朝、唸るような物音で目が覚めたすぐ後、体験したことないほどぐるぐるとベッドが揺れて小さくなっていたこと。
起きてテレビをつけ、そこにすこしずつ映し出されていった映画の世界のような信じられないできごとの、数々・・・

大きな地震ってなんなのだろう、と考えた時。漠然としたイメージ、たてものがこわれる。けが人が出る。人が亡くなる、、、
それは被災した「誰か」にとっては
大切な家を失った記憶であり、
大切な人を失った記憶であり、
突然に、なんの前触れもなく、大切なものを失った記憶。
(この日、ピアノ独奏をされた薮田唯さんもそのお一人でした)

こころのうちに、見えないきずやぽかりと空いた穴を、誰もが抱えながら、復興して行った20年。
とてもとても大切な節目です。被災をされた方々は、いろいろな思いをこの日に込められたことと思います。

とても重いものを抱えたコンサートでしたが、
もう何も残らないというくらいに自分の中のすべてを込めて、演奏させて頂けたと思います。
苦しさ、悲しさ、愛情、それから感謝。とても、幸せなことです。

そして今回は個人的にも大切な思いを込めた一曲を演奏させていただきました。

昨年の末に、高校の吹奏楽部の顧問だった恩師が亡くなられました。
ご病気ながらきっと元気でお暮しだと信じていた中で突然の訃報は、とてもショックでした。

私が音楽の道を志そうと思ったのは高校二年の時で、先生の言葉からです。
「お前は音楽をやったほうがいい」と。
あの導きが無かったらどうだったのだろうか…と思います。

三年生の3月。最後の演奏会で一曲、吹奏楽をバックにソロを吹かせて頂くという機会をもらいました。
その思い出の曲「追憶のテーマ」を、忠則には吹奏楽バックアレンジをほぼ完全にコピーしてもらい、演奏しました。
音楽とは本当にすごいもので、この曲を演奏するだけでありありと、高校で先生に教えてもらった言葉をたくさん、思い出すことができました。
このように思いをとどける機会を、もらえたこと感謝です。ありがとうございました。

つぎの単独公演はいよいよ、「阪神大震災復興祈念コンサート」すべての、ラスト公演となりました。
今回以上にさらに重いものを抱えたコンサート…忠則とふたり頑張ろうと思います。
どうぞお力添えくださいませ。

IMG_2057.jpg
残念ながらステージ上はリハーサル中の写真しかありません…

IMG_2072.jpg
終演後。当復興祈念コンサート主催者の松田一広さん、ピアノソロを演奏された薮田唯さん、お昼にご自身の最終公演を素晴らしい熱演で終えられた大脇芳夫さんと。

以下、今回の演奏曲目です。

1/18森下知子ニューイヤーコンサート

18日(日)のニューイヤーコンサート、いよいよ近づいてまいりました!
せっかくなので、演奏予定曲目のうち、いくつかをご紹介いたします。

三木たかし/夜桜お七
一曲目はいきなりテナーサックスで女の色香を♪大島忠則の名アレンジです。

石井竜也/古都
アミティでは初めて。二胡の為につくられたエキゾチックな曲。京都生まれ奈良在住の私にとって「古都」は故郷の地につながるキーワード。

W.A.モーツァルト/夜の女王のアリア
久しぶりにトリプルオカリナを演奏します!

ファリャ/火祭りの踊り
スペインの巨匠ファリャのオーケストラ作品「恋は魔術師」からアツい一曲。ソプラノサクソフォンで。

浜圭介/そして神戸

毎年、このニューイヤー公演には神戸であった震災への思いを込め、演奏しています。

中島みゆき/麦の歌

朝ドラ「マッサン」の主題歌。朝から勇気が湧いてくる!素敵な歌ですね。

バート・ハワード/フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン

ロマンティックで素敵な歌詞のラヴソング。甘い音色で歌います。

シェーンベルク/「レ・ミゼラブル」より~夢やぶれて
…入れちゃいました。先日ブラパラでやってしばし被れています…

G.ロッシーニ/ウィリアム・テル序曲
ソプラノオカリナのためのスーパーアレンジ!乞うご期待。

M.ハムリッシュ/追憶
映画音楽ですが、私にとって特別な思い出のある曲です。

懐かしの音楽玉手箱
この時間に何かが起こる!玉手箱からなにが飛び出すかお楽しみに♪サックスもオカリナも総動員でたくさんのなつかしいメロディを奏でます。

※曲目は追加・変更の可能性ございます。

阪神大震災復興祈念コンサート「森下知子ニューイヤーコンサート」
2015年1月18日 午後5時開演 西宮アミティホールにて
サクソフォン・オカリナ 森下知子 / ピアノ・アレンジ 大島忠則
ピアノ・ソロ 薮田唯

20150118flyer.jpg


↓こちらから招待状をダウンロード可能です
森下知子ニューイヤーコンサート 招待状

word形式にて保存しています。まだ招待状をお持ちで無い場合は、ダウンロード後プリントアウトしてご使用くださいませ。
また、こちらの招待状を持参の上でご来場いただける際には、メールにて私どもにご一報いただきますようお願い申し上げます。(座席数を把握する為です、どうかご協力お願いいたします)

※特別招待座席の確保は、ご応募いただいている方のみになっています。よろしくご了承くださいませ。

あけましておめでとうございます

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
新年の幕開けは吹奏楽のコンサートでした。

去る1月6日、尼崎のアルカイックホールで「ブラスパラダイス大阪」に出演してきました。
だいたい年に一度ぐらいの不定期で開かれるコンサート。おもに関西で活躍中の、プロ奏者有志の楽団です。メンバーは固定ではなく、毎回半分ぐらいは入れ替わっていますが、第4回目か5回目?ぐらいからずっとメンバーとして吹かせて頂いております。10回目の今回の指揮者は井村誠貴さん、ホント熱かったです。(前回も熱かったけどもっと)

今回のプログラミング、特に後半ミュージカルが3本立て、というのも井村さんが得意とされているジャンルにフィットする選曲。
「オペラ座の怪人」はトゥジュールでも良くやってるので手元に映像資料が有りましたが、あとのレ・ミゼラブル、ミス・サイゴンは有名なナンバー以外を知りませんでしたのでさっそく映像・ライブ録音を取り寄せ、年末見たり聞いたりしていました。

音楽・とくに歌は、とてもシンプルに人の心に入って行きますね。
ミス・サイゴンはさらっと聞いても今一つでしたが、何回か聞いてるうちにどんどんハマりました。クロド・ミシェル・シェーンベルクは凄いなあと思いました。すっきりしない。どこかトンガってる。広がっていく。いつの間にやら心の中にずっととどまる。
ただそれは、このブラスパラダイスのリハーサル時間の中で、自分の中に植わって行ったものも大きいと思います。

たぶんこのコンサート、演奏者自身が一番いい思いを、いい体験を、したのではないかなあ…
(なんと「オペラ座」では本物のクリスティーヌとエリックが登場したのです♪)

いつも思うことですが。音楽は等身大でしかできない。
人間が深まれば深まるほど、そこからあふれ出る音楽も深まる。
それをダイレクトに届けるには、本気で表現してこそ。感じまくってこそ。

指揮者がリハ中に言った「命かけて」という言葉がありましたけれど、今の自分には良くわかる気がします。
いま生きていることの100%を、音に込めるように。
演奏家というのは幸せな身分ですね。

いよいよ次はソロの舞台、1/18(土)ニューイヤーコンサート。
命、燃やして音楽したいと思います。