FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2020/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

「Ocarina」という言葉について

先日、とある生徒さんとのお話の中で、
「オカリナ」ということばについて考える機会がありました。
オカリナに関する文章を書いて某所に発表するので、間違っているところがないか確認してほしいとのことでした。

ガチョウをあらわす「Oca」
ちいさいという意味の「rina」から成っていることばである

というのを私もどこかで読んだような覚えがありそのように思っていましたが
OcaはともかくRinaという言葉は、翻訳をしてもでてきません。

(ちなみにその生徒さんは文章内で「ina」と書いていました。
後述しますがこの方がいくぶん正しいといえます)

もしかして、この認識はどこか間違ってるのでは??と気になりまして
イタリア人オカリナ奏者のエミリアーノ・ベルナゴッツィ氏にメッセージで直接訪ねてみました。

と言いましても…
音楽用語以外のイタリア語はまるっきりわからないので^^;
Google翻訳を使ってのやりとりですが…(便利な世の中ですね~)

そこで詳しく教えていただいて、わかったことを書いておこうとおもいます。

「Oca」=ガチョウ これは正しい
一方で、「Rina」という言葉は独立して存在しない。
「Ocarina」そのものがちいさいガチョウという意味になる。

ただし、じっさいに会話のなかでちいさいガチョウを指して「Ocarina」と呼ぶことは無いそうです。
ふつうに「piccola oca」または「ochetta」と呼ばれます。(piccola=小さい 女性名詞につく形)
「ochetta」は「oca」から派生している言葉ですが、この語尾にある「etta」と同じようなものが「ina」で
ちいさいもの、かわいいものという意味でつける言葉です。(女性名詞につく形で、男性名詞の場合はetto、inoとなる)
それで、Ocarinaもちいさいガチョウという意味になるようです。

では…間にある「r」はなんだ?という疑問が新たにわきますね。
これは単にふたつの言葉を繋ぐための役割の言葉であるようです。
たしかにオカイーナでは言いにくそうです。

もう一つの情報として、オカリナの語源にあるのが「Ucareina」(ウカレイナ)ということばで
これはボローニャ地方の方言の言葉で、ちいさいガチョウを表すときに使われるそうです。
オカリナ発祥の地、ブドリオの町はボローニャの近郊です。
(エミリアーノ氏は間違いなくこの方言がルーツであると言っていました)

まだオカリナと言う名前が生まれる前の昔です。
イタリアに、テラコッタ製のオブジェ(置物、とかお土産物?)があり、それらは魚や動物などの形をしていて、二つの音を鳴らすことが出来たそう。
(それが笛であるとは書かれていませんが、おそらく2とおりの音程の変わる笛ということかと)
発明者(たぶんドナーティのこと)はそれらのうちのガチョウの形をしたものから想を得て、
こんにちの形をしたオカリナを作成したのではないかと言われています。

ぼんやりしていた認識がずいぶんはっきりした気がします!
丁寧におしえてくださったエミリアーノ氏に感謝です。

ちなみにオカリナの歴史を知るには「オカリナ物語 土塊の音色」という本がおすすめです。
他にもイタリア語で書かれた文献があるのかもしれませんが、日本語に訳されているものは見つかりません。

オカリナ演奏動画をアップしています。ウラばなしとか

TwitterやFacebookでつながっている皆様はすでに聞いていただいてるかもしれませんが
演奏動画をふたつYoutubeにアップしました。

「にじ」


「長崎の鐘」



さいきんの動画演奏について少しウラ?ばなしを・・・

「ピアノパート」について。
ピアノの音が雑音なく綺麗なので、分かるひとにはわかる、と思うのですが、
生ピアノの音を録ったのではなく、コンピュータ音源を使っています。
録音の時にはデジタルピアノを使って大島が演奏し、それを信号化してコンピュータに取り込んでいます。
このとき同時に私も側でオカリナを演奏しますが、生演奏にちかい音のうごきを録るためのアシストであって、この時点ではオカリナの音は録音しません。
取り込んだデータを整えて伴奏音源を完成させ、それに合わせてオカリナの音をあとから吹き込みます。

大島が伴奏音源をつくるとき、以前はグランドピアノを弾いてICレコーダーに録音してましたが、
椅子の音がギギギギ鳴るし、家のピアノの調律がくるってくると良くないし、などなどイロイロありましたが
デジタルにしてだいぶ伴奏音源として良いものを作れるようになったとおもいます。
(じつは大島本人はコンピュータ得意ではないですが、がんばってます。笑)

なお、このピアノ伴奏音源は、現在コロナでレッスン停止している生徒さんむけに使うことを主な目的として作りましたので、リタルダンドやフェルマータなど流れがとどまったり伸びたりするところには、なるべく自然な形でガイドとなる音をつけて演奏しています。
ですから、じっさいの生演奏のピアノ演奏のバージョンとは、違うところがあります。


そしてこれはおもに生徒さん向けの情報になりますが…
どちらもシンプルなメロディで、楽譜はそんなに難しくない曲です。・・・が!

美しく聞かせるためには、色々と演奏テクニックを意識しなければいけません。
そのなかのひとつ

「音を切るポイント」

きもちよく聞いてると気づかないかもですが、この選択がものすごく大切です。
どこで切るのか。どんなふうに切るのか。
またそこから派生しての「スキマをあける」も重要です。

あくまでも自然に
でも、やりすぎるぐらいしっかりやったほうが、良いときもあるかも。
この塩梅、なんども録音しては聞いてみて比べてみて、録音しています。

「音を切る」ことそのものはオカリナやってる人ならだれでもできる単純な事なんですが…
ビブラートとか装飾とか、一見目立つテクニックよりも、基本的で重要なことかもしれません。