FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

【考100】001 考えるということ

考える人に100のお題というのがあったので拾ってきてやってみます。
かなりヘヴィなお題が多いのでだいじょぶかなあと思いつつ。

配布元はこちら。

【001 考えるということ】
これをはじめたきっかけが、なんか最近じっくり考える時間が減ってるよなあ~ってところから。若い時(学生時代)は自分について、未来について、社会について、いろんなことを常に考えながら生きていたのに、いつのまにやらそんな余裕もなく?世の中のあたりまえにのほほんとつかってたり、カンケーないや、と思うことにはあまり深く考えず排他的になってたりする。そういう無関心ってやっぱり良くないよな、と思い直すきっかけにもなりそうなのでこんなことをやってみたり。

しかし100もあるお題を全て消化するのはいつの日か?

さて、考えるということ。
このごろになって、人に教える際、あるいは子供と過ごす際、「考えさせる」ことがすごく大事なことだと思うようになった。充分に考えた末になにかの結論を導く、という行動はやはり必然を与えなくてはなかなか人間やろうとしない。一方で、この人(子)にはどうしたら考えさせることができるのだろうかといつも悩んでしまう。ヒントを与える、一緒に考える、時には突き放す・・・
いわゆる良い先生、良い親というのは、生徒あるいは子供に「考えさせる」ことの上手な人なのだと思う。
考えて何かを導くという行動は、じつはとても爽快で、人として生きている実感を一番感じる行動なのだとどこかで読んだ覚えがあるけど、そのとおりだなあと思う。スポーツなどをして体を動かすと爽快なのと同様、脳も動かすと爽快なのだろうな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: