FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

小学校で

今日は、近くの小学校で演奏してきました。

デュオたんとの演奏は、ほとんどがポップス。みんながよくしってる歌が多いのです。
最初は、依頼の演奏でこういうモノばかりをやることにちょこっと抵抗がありました。いや、ポップス吹きするのはとても好きなのです。でも、なんか聴衆受けばっか狙ってオリジナリティないのって・・・ミュージシャンとしてどうなの?って思うことが。お客さんは「知ってるから好き」って思うんであって、自分らの演奏でなくてもええんとちがうのっていう疑問だとか。やっぱり一ミュージシャンとしては、このひとのこれが好きって言ってもらえる様な「オリジナル」を持ってたいって思うもの。
でも「たんとオリジナル」ってのが最近随分できつつあるような気がしてきてます。自信がついてきた。それはやっぱアレンジャー忠則のおかげなんですけども。ときどき、いや、わりとかなりの割合でオリジナルよりもええアレンジやんって思います。けど、どれもこれも楽譜がないので、忠則が記憶喪失になると、ものすごい財産が失われることになります。こわっ。

・・・という話が今日は主なのではないのですが。

最近はどの学校でも音楽鑑賞会というものがどんどん削られていってるみたいですね。
今日の小学校は昨年度に引き続き二度目だったのですが、演奏したのはなんと昼休み。
主催はPTAで、授業時間をけずることは不可能だという学校側に対し、たとえお昼休みの少しの時間でも、生の音楽に触れさせてあげたいというお母さん方の願いがあり、こういった形での演奏会になりました。
私たちは生の演奏を少しでも聴いてもらえるのならとてもうれしく思います。でもやっぱり、授業して、給食がおわって、普段なら好きなことができる20分のお昼休憩に体育館に集合して・・・っていうのはちょっぴり残念ではあります。子供たちには単に音楽を聴くということだけでなく、音楽を聴く姿勢、礼儀というものも演奏会のスタイルの中から学んでほしいと思うし、そのなかで音楽っていうものの楽しさ、可能性ってものを感じ取ってほしい。
そういうことって、学校の授業とおなじくらい、大切なことだと思う。だから学校側もしっかりと時間をつくって、音楽会を開いてほしいなぁ・・・と。

ちなみに、たんとは学校や幼稚園に演奏に呼ばれたら、子供が教室へ戻った時間に保護者向け限定のコンサートも同時に開いてます。小学校では出席率は低いのですが(働いているお母さんが多いのでしょうね)そのぶん来てくださった方はとても熱心に聴いてくださいます。
これが「癒されます」ってよく言われるんだけども…「癒し」って便利なことばだなぁ(笑)
お母さんがたはやっぱり疲れてるんだなぁ。もっとナマの音楽聴かなきゃ!
関連記事

コメント

たんと(いっぱいの意w)音楽聴かんと!

お邪魔します。

先日,myレッスン師匠のライヴがありまして親子4人で聴きに行ってきました。

ワイフと子どもは初ライヴで大満足!
≪もちろんワタシも惚れ惚れ≫

ただ,耳なじみのある曲では無かったのが
やっぱり,少し残念でしたが(^_^;≫
・・・。

だけど,ワタシみたいな素人の耳ですが
生意気ながら
“おっ!やっぱり今日も師匠の味(?)が出てるな♪”なんて思えましたw

色々あって難しいことも有るのですが
また家族で聴きに行けたらと思ってます☆♪

P.S.
あとで師匠から
“えっ?一応,ジャズのスタンダード演ったんだけどw"
と言われてしまいました(^_^;≫

こんにちは!

>毛が3ボ-ン様
コメントどうもです!
お師匠さんのコンサートに御家族で、ですか。
しらない曲でも子供さんはおりこうに聞いておられたんですね。
私も子供の頃にたくさん演奏会に連れて行かれたものですが、やっぱり生の演奏っていうのはすごく印象に残っているものです。
大人にとってはなんか難しいんじゃないかなと思っても、子供はなにか感じているのかもしれないですね。
これからも御家族でどんどん音楽聴きに行って下さい!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: