FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

【考100】004 友達とは

久しぶりに考える人に100のお題をやってみよう。
なんだかこのごろ生活に追われてゆっくりものごとを考えたりしてない。
ってこんなのよりももっと考えないといかんことはあるんだけども。確定申告とかコンサートのプログラムとか。いろいろ・・・

100のお題配布元はこちら

友達とは・・・

友達とは。

自分にとって純粋に「友達」である人というのは誰を指すのだろうと考えた。
おとなになるにつれて、いろいろなかかわりをいろいろな人ともつようになり、それは仕事仲間であったり、ママ友であったり、また某SNSのマイ○○であったりするが、いずれもあくまで窓口が限られた友人であるといえる。

学生のころはお互いの立場や私生活へ、気兼ねなく踏み込んだ友人が何人かいた。けれど、それはいつのまにか、相手の家族のことや仕事、プライベートへの関わりに気を使うようになり、だんだん友達同士で時間を忘れてだべるなんていうこともなくなってしまった。
結婚してしまうとみんなそんなものなのだろうかな。
今はグチや本音や悩みなんかは全部旦那に話すから、特にそういう必然もないかと思っていたのだけど。

大学生のころから親しく付き合ってもらっているある人に、忘年会と称してウチへ遊びに来てもらった。
子供ふたりと旦那が眠ってから、鍋をつつきながらひさしぶりに二人で好き勝手にいろんなことをしゃべりあった時、なんだかすごくリフレッシュして、こんなのは何年ぶりだろうかと思った。やっぱり友達としゃべるのってすごく楽しいことだし、自分がよりいきいきできることなんだって。

旦那は愚痴や本音を言える友人を持つようにっていつも言ってくれるんだけど…やはりなかなかそうまで懇意にできる友人を作れない性格。だいたい世の中から見た自分の立場なんかを考えると、自分のネガティブなことを気軽に話してしまえる相手なんてそういないもんだ。
だから旦那と喧嘩なんかしてしまうと自分の中のイライラやもやもやのはけ口がなくて苦しくなってしまうことも。

そんなんで、思うわけです。
学生時代に仲良くしてくれた友達の皆さんには、なんだか距離ができてしまったように感じるけど。友人として必要なときには声をかけてほしいって。
こっちも助けてもらいたい時も、きっとあるんじゃないかなって。

ま、こんなとこでぼそぼそひとりごちてないで、機会つくるなりメールでもすればいいんだけどね(笑
関連記事

コメント

深いですね・・・考えるとは

まずは、先日のOBAの演奏会、お疲れ様でした。私のような者まで打ち上げのお仲間に加えていただき、久々に楽しいお酒が飲めました。
さて、考えるについてですが、自分的にはどうも悪い結果を前提に物事を考える癖(悪癖)が最近特に強くなっているような。
妻は正反対なので、夫婦バランスよくできているのかも。しかし、人の考えってすぐには変わらないし…考えすぎないようにするにはどうすれば?と考える自分がいたりして。
しかし、世の中は逆に考えなくていいような仕組みばかりのような。だから、楽チンで進んで、土壇場でいきなりとんでもない難題を考えさせられたりなんて事があるのでは。

暗い話になりましたが、blog読んでいい機会になりました。
それでは、どうすればサックスが上手くなるかを「考え」ながら床につこうと思います。

それから、23日のアサコムホールの演奏会、ハガキ来ました!ご当選でした(喜)
またいい演奏聞かせていただきます、楽しみにしています。
長文、お許しを。

当たりましたか!

>おかもとさん
アサコム当たりましたか!倍率2/5だったらしいですよ~。おめでとうございます!
考えて結論を導くことはとても時間を要しますね。そういうことが得意な人はもっと有効に時間を使って楽に生きてるんだろうなあとか時々思います。
奥さんと凸凹コンビですか!いいじゃないですか~。
うちの夫婦も、旦那はきちんと考えて明確な結論を出すほうですが、私の場合は「考える」ってことそのものがストレス解消みたいな感じであんまり必然ではないみたいです。
女性はそーいうタイプが多いのかもしれませんね。
たしかに今の世の中は便利すぎて考えること「工夫」があまりいらないですよね。なにごとにおいても、本質を捉えることの重要さというか、そういうものがとても軽薄になってきているような気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: