FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

N'DANAライブ

with 山北氏以前、共演した北海道のバンドN'DANAの山北さん(→写真)
からとつぜん電話があり、関西ツアーで、最終日にはなんと木津川でライブをするとのこと。
N'DANAはそれこそ3年前の北海道でのツアー以来聴いてないのでそれはもう喜んでぜひとも、ということで息子と二人でいってきました。

しかし会場は国道沿いとはいえ、最寄り駅から歩いてそこそこあるあまり交通の便が良いとは言いがたい所。こんな所でもN'DANA聴きたさに集まる人がどっさり。
(駐車場眺めると奈良ナンバー・京都ナンバーよりも遠方のほうが多かったり^^;)
超がつくほど満員でした。

N'DANAの音楽は、生きてるってことを実感させてくれます。ココロが踊り、体が踊ります。
自分の中で眠ってた「生きるチカラ」が揺り起こされます。

息子は会場着くなり想像してたのと違ったのかげんなりして、「もうかえろ」「こんなとこくるんじゃなかったー」などと暴言を吐く。いつもなら叱り飛ばすとこだけど、まぁ今日は好きにさせて、この子もココロを開かせれるといいなと。
でも周りの大人がみんなあったかくて、「ここにいてるといいことあるかもしれんよ~」「子供は正直だねえハハハ」とにこにこ。
それに和んだのか、ちょっとその気になったらしい。
(彼はわりと他の大人にかまってもらうと機嫌がいいのだ)

とにかくみんなノリノリなので、それに乗せられてか息子もわりとノリノリ。途中ねむい~とかいいつつごろごろしたものの、やっぱり音楽が気になるのかすぐ起き上がって手拍子したりユラユラしたり。
つちのうえ~は大好きな歌で、最後は総立ちでわがこもぴょんぴょん飛び跳ねながらノってました。

でも2時間半のライブはちょっと6歳児にはキツかったかなー?
とまれ、私もたっぷり楽しんで帰りました。
とくに新曲「もったいねえ」がすごく良かった。なんかじーんときた。山北さん独特の素朴であったかい感じと、あとやっぱり聴きなれた音階だったからだろうか(笑)
でもメロディがもう思い出せない…(コーラス歌ったのに)

そして自分自身に、いろいろなことを思いました。
聴く人をその中へ引き込む音楽、生きている音楽。

今の自分は、あんなふうに音楽に没頭する時間が減ってきている。
それを子供のことや、生活のことが忙しいと、そのせいにしてしまってる。
まぎれもなく自分が選択した道なのに、いつも足りない足りないと不満を持っているような気がする。こんなふうに浮き足立って焦った状態では、ココロに響く音にならない。

せっかく今日はココロを開いてもらったので、うまい具合に持続して、明日からがんばろう!と思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: