FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

アンサンブルの魅力

アンサンブルの魅力
(出演:北川皎 中谷満 パーカッションアンサンブルシュレーゲル サックスアンサンブル
プロデュース:宮本妥子)

滋賀・しがぎんホールにて、終了しましたー。
チケットは即完売だったそうで満員。

演奏したシチェドリン版のカルメンは元が弦楽オーケストラと打楽器なのですが、それを6人のサックスと打楽器という編成でやりました。
原曲のカルメンをよく知る人ならば、「え?( ゜д゜)」というパロディがそこここに入っている、ちょっと「おかしな」カルメンです。「あれ?」じゃなくて「え?( ゜д゜)」なとこがミソです。

以前にも別のアンサンブルで演奏したにもかかわらず知らなかったことなんですが、シチェドリン版というのはプリマドンナであった奥様のために書かれた、バレエのための音楽だったのですね。どうりで。
本来ならこれにダンサーが入って完成という作品なわけです。いったいどんな踊りなのか見てみたいものですが。

こちらに解説が載ってます。ご参考に。
http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/carmen.html

さてそんなふざけたカルメンですが演奏者は真剣そのもの。
慣れない打楽器とのアンサンブルはなにかとスリリング!
ハバネラやトレロのソロはリリカルに、がんばってやってみましたがさて・・・

思うのですが打楽器奏者の方って、ほんまタフですね。あんだけ練習して楽器運んで…サックス勢は毎日練習終わるとぐったりしてましたが(笑)基本体力が違うのか。
そして自分的今回一番の収穫は、打ち上げでの中谷満せんせのお話でした。
ええ話がいろいろと聞けました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: