FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ソロコンサート終了

西宮アミティホールでのソロコンサート終了です。
いやはや、これが終わるまではなにも手に付かないっ…!てな状態で。

今回やろうと決めてたけどできなかった曲もいくつか。
次回こそは!!!

で、たぶん、はじめてオカリナでクラシックを吹きました。1曲だけど。
やっぱり難しいですわ。でもこれは、もっとやりたい。
自分の中では新しくやりたいこといろいろとあるんですが、その中にリコーダーがあります。
それで演奏活動とまでは考えてないけどバロック笛でバロックをちゃんとやってみたいというのはずっと考えてることです。
ちょっと軽い言い方をするなら、昔の不自由な楽器でなければ感じ取れないものっていうのがあると思うのですが、サックスってやつはとかく器用な楽器だからそれでやってると見過ごしてしまうものってけっこうあると思うのですよ。そういうのを見つけた上でやるってことは大事じゃないかなと。本物は想像しただけじゃ触れられないから。
…なーんて口で言ってるだけかもしれませんけど。

今の自分にとっては、テクニカルで派手な曲よりだれでもしってる曲のほうが難しい。
それは、それだけ歌の歌詞やメロディに込められた想いに、重みを感じる年になってきたってことなのかもしれない。
いちばん難しくてなやんだのは「酒と泪と~」ですが…
演奏後にブラボーって言ってくれた人がいたのです…ありがとうございました。あれはほんとう、心底嬉しかったです。

終わってからあるお客さんに「その楽器初めて見るんでどういうものか説明してほしかったんですけど…」なんてなこと言われました…えーと、オカリナってそんなメジャーな楽器じゃなかったですかね?そんなん言われたのはじめてでした^^;

最後に。聴きにきて下さったみなさん、どうもありがとう!!!

次は1/4 秋篠音楽堂にてトゥジュールです。
入場無料、お正月のショッピングがてらいらしてくださいませ。


今回、最後にThe Roseの歌詞(訳詞)の一部を読みましたが、
少し前に自分で訳して書いてみたものが、あります。それを載せておきます。
かなり自分の言葉、ですけれど(笑)


「The Rose」
by Amanda McBroom

人は言う、それは「川」であると。
まだ若い葦をおぼれさせてしまうような。

人は言う、それは「刃(やいば)」であると。
心を傷つけ血を流させるような。

人は言う、それは「飢え」であると。
永遠に満たされぬ乾きのような。

けれど私は思う。
愛、それは花であると。
そしてあなたは、その「たね」


踊ることを覚えたくても
 傷つくのを恐れていては

チャンスをものにしたくても
 目覚めるのを恐れていては

与えられたくても
 与えることを拒んでいては

そして、あなたのその心が消えてしまいそうになるのを恐れていては…
 生きるということをけして、ものにはできないよ。


長い長い、孤独の夜
どこまでも続くような、その長く暗い道のなかで、
愛とはツイてて強い人間のためだけのものだと、思えてしまうかもしれないね。

だけど覚えておいてほしいんだよ。

それは、冬の凍てつくような雪の下に埋められるけれども
やがては太陽の愛に照らされて
春には咲くのだよ、バラの花が。

(c)Tomoko Morishita
関連記事

コメント

素晴しい演奏、
本当に有難うございました、そして、お疲れさまでした。
お陰様で、本年最後のコンサート巡りを締め括る事ができました。
来年も、どうか宜しくお願い致します。

素敵な演奏ありがとう

楽しいひとときをありがとうございました。 ほんとにいろいろな試みをされてすごいです。オカリナで「剣の舞」をどういうふうに演奏されるか興味津津でした。オカリナでもいけるんだ!ありや!と思いました。お二人でのオカリナは幅が出ていいですね。ローズは森下さんの十八番になりましたね。
次回のコンサートも楽しみにしてます。
よいお年をお迎えください。

ありがとうございました!!

>おじさんのサックス様
いつもいつも応援くださってありがとうございます。
終演後、奥様とおふたりであったかい笑顔で会いに来てくださってうれしかったです。
こちらこそ、来年もよろしくおねがいいたします。

>kazuko様
ありがとうございます。
剣の舞、音があまり大きくないオカリナでしたのでバランスとか響きが心配ではありましたが…お楽しみいただけたのなら嬉しいです。
The Roseは自分をこのコンサートへ繋げてくれた大事な曲です!
kazukoさんも、お元気でよいお年をお迎えください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: