FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

震災復興祈念コンサート終えて

ソロコンサートを終えて一週間…いえもう9日になりましたが。
ほんとうはここへ書きたいことがいろいろとあったのですが、気持ちがずっとはりつめてたのが一気に緩んで、かえって緩みすぎたような感じで、ぼんやり過ごしていました。

今年は震災から15周年ということで、もう8年も関わってきている震災復興祈念コンサートへのプレッシャーも、よりつよいものでした。あの地震の強いゆれを経験したとはいえ、実際に被災したわけではない私たちです。しかし15年経った今も被災した方々にとってのその心の傷はなお、生々しく消えぬものであることでしょう。

あの日、「そして神戸」を演奏しました。
あの会場で演奏したのはこれが三度目でしたけれど、重ねて演奏するたびにその重みはより増します。
歌の歌詞は恋に破れた女の寂しさを神戸という土地に歌ったものですけれど、おそらく神戸を故郷とする人にとってただ失恋の歌以上の重みがあるものなのですね。愛郷心、というのでしょうか。震災で失ったもの、長くくらした故郷が変わり果てたあの日のことを、よりしみじみと感じさせるのだろうと思います。
数年前のコンサートでリクエストを受けてやろうという話になった折には、そのような深い感慨を理解することもなく、魅力ある歌だなぁ、カッコイイなあ、と思っていたものですけれど…
震災の被害を実際に経験していない私たちがあれを演奏することの意味とは…もともとの震災復興祈念コンサートのコンセプト-音楽を聴いていただくことで元気になってもらおうという趣旨とはやや別な所に出来てしまったようにも思えました。それは聴く人が望む望まないというのに関わらず。自分の奏でる一音一音にいろいろな深い強い思いがのしかかってきて、演奏を終えた際にはもうフラフラでした。
それでもまた、あの曲は演奏したいと思っていますけれど。

震災から15年。「震災復興祈念」と銘打っているコンサートなのだから、震災についてもうすこし触れてほしいというご意見もお聞きします。そして一方では、楽しみに来ているコンサートで悲しいことを思い出したくはないという方がいらっしゃるのも事実です。
私たちが演奏通じて望むことは、私たちとお客さん、そしてお客さん同士が音楽を通じて心つながり、心温まっていただきたいということです。
人がおなじ「想い」で繋がったとき、生きる希望・勇気は湧いてきます。そして音楽にはそのチカラがある。
音楽が秘めているその奇跡を、皆さんとこれからも共有し続けていけたらと願っています。

あのコンサート後、たくさんお手紙をいただきました。皆さんの細やかな思いが伝わってきて、とても嬉しい思いでいっぱいになり、もっともっとがんばらねばと勇気がわいてきました。
最後になりましたがご来場くださり暖かい拍手をくださったみなさん、お手紙やメールで応援くださったみなさん、いつも手伝ってくれる生徒のみなさん…ほんとうにありがとうございました。
関連記事

コメント

郡山城ホールの公演

アミテイのソロコンサートお疲れ様でした!
去年のたそがれサマーコンサート、急用ができ行けなかった悔しさ・・今回はその分まで楽しませていただきました。
被災者にとって17日が過ぎないと何も始まらないって思いは事実ですね~
bbsに上手くPRの表現は出来ないのですが自分の感じた素直な気持ち書いてます。
さて、今回2月21日奈良の友人との郡山の、トウジュール・サクソホン公演に行くつもりです。いつものアミテイ公演と違うので当日でもチケット購入は大丈夫ですか?

misaoさん

いつもいつもありがとうございます!!
BBS拝見いたしました、いい言葉がたくさん書かれていて…とてもうれしかったです。
17日が過ぎないと何も始まらない、ですか。やはり被災者の方にとっては、年明けからこの日までは、そういった大事な時なのでしょうね。。。
二月のトゥジュール、来てくださるんですね。ありがとうございます。チケットは当日でももちろん大丈夫かと思いますが、メールなりでご予約いただいたほうが確実かと思います。一言書いていただければチケット代お気持ち安くいたしますので!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: