FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

お雛さまめぐり2

お雛さまめぐり1のつづき

バスに乗ること約10分、壷坂寺に到着。
入り口からすでにいろんな建物やおおきな石像が見えてわくわくします。これは娘が撮ってくれた一枚。
ひなめぐり38_R



入った所の講堂にはたくさんのおひなさまが。ここも高取雛めぐりのエントリの一つだったんですね。
ひなめぐり39_R
お雛さんにまじって古い仏像や曼荼羅が展示されていました。が、あんまりゆっくりは見られず…
真中には弘法大師像。

門を上がる所。
ひなめぐり41_R

↓右側門の守護、持国天。娘いわく「ぼろぼろでとれそう!」たしかに継ぎ目がけっこう目立つぐらい劣化してますが、このぐらいのほうが古さがリアルですね。右は石像千手観音。「手がいっぱいあってざくざくしてる」たしかに。
ひなめぐり43_Rひなめぐり51_R
・・・さてどっちが強そうでしょう?

四体のおおきな石仏。「壷坂大仏」インドで彫って運んできたそうです。2007年設置、まだあたらしいので非常に白くてきれいです。この、左右の菩薩の座している象と獅子もなかなかユニークなのです。
ひなめぐり45_R

仏伝図レリーフ。全部で8つの場面、お釈迦様のお話が絵本のように見られます。ひとつずつお話をしてやると娘はこれがけっこう気に入った様子。最後の絵「おしゃかさまねてる」「あ、これは涅槃像」「ねはんぞう?ってなに?」「おしゃかさまがしぬところ」「しにかけ?」「まあそうやな」
ひなめぐり52_R
以降、娘は涅槃像のことを「しにかけのおしゃかさま」と呼ぶようになってしまいました・・・

「あっちにもしにかけのおしゃかさまがいるで!」手をにぎる娘。
ひなめぐり58_R
そういえば涅槃像というのはタイやインドでよくみられる仏様らしいですが、じっさい見たのは初めてです。
休日ごろごろしながらテレビを見ている世の中のオトウサンがたのように見えなくもないです?
(我が家のお父さんはやりませんが…^^;)


ひなめぐり60_Rこれはもしやあの角川書店のマークでは…!
このあたりで出土した飛鳥時代のモチーフらしいです。
なんか、同じ飛鳥時代でも先のお寺にあったモアイとはずいぶん違うセンスですよね。かっこいい。


ひなめぐり54_R
お寺全体を見渡せる高台から。こうしてみると、あちこちにいろんなものがあって短時間ではとても見切れません!今回は石仏中心ということで。

この山かつてお城が建っていた場所でもあり、街がよく見えます。
ひなめぐり53_R

我が家にはちいさいお雛さましかなかったので娘にいっぱい見せたくて雛めぐりしてきましたが、お寺もなかなか楽しい所でした。もっとゆっくりじっくり見たいなあ~という場所もあったので改めてまた行きたいです。

うちへかえったら娘の手作りおひなさまがお迎え。
ひなめぐり61_R
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: