FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

2013九州旅行記その1

ながらくブログをほったらかして広告が出てしまいました・・・

さて、先日家族で九州へ行ってきました。
行程はざっと、南港から別府へフェリー、大分観光しつつ日向へ向かい夫のおばあちゃんのお墓参り、親戚やゆかりのある方たちと会う。その後高千穂~阿蘇へ観光。くじゅう~湯布院から別府港。

大阪南港。フェリーは息子は4度目、娘は2度目ですが前回は赤ん坊だったので覚えていません。
個人ベッドつきのファースト客室に宿泊。
NEC_2076.jpg


途中、明石海峡大橋を通過のところ。真下から見るとなかなか迫力がありました。
NEC_2092.jpg

海上での日の出。みんな寝てたのでひとりで眺めました。
NEC_2098.jpg

早朝、別府上陸。このハッチから外へ出る感覚も懐かしい~
NEC_2099.jpg

先ずは大分のスポットを廻りながら南下。
豊後大野にある、沈堕の滝(ちんだのたき)ダイナミックな滝のそばには明治時代に建てられた水力発電所の跡が残されています。日本の近代化の歴史を残した貴重なものなのでしょうね。いろいろと感じさせられる魅力ある場所でした。
NEC_2102.jpg

原尻の滝。こちらは観光地としてそれなりに整備をされている場所です。九州のナイアガラ、とうたっていますがぶっちゃけ先の滝の方が迫力ありました。売店や食堂などが揃っているのでドライブには便利。
滝の上には鳥居が残されていて、くぐったさきには神社へ続いています。滝の流れが整備される前はそちらに橋がわたり参道が通っていたものとみられます。
NEC_2106.jpg

稲積水中鍾乳洞。とても涼しい場所。どこまで続くか解らないというつめたく深い澄んだ水の底、ファンタジックだけど考えるとなんだか怖いですね。
NEC_2112.jpg

唄げんか大橋。唄げんかは有名な大分の童謡だそうです。
NEC_2125.jpg

その2へ続く!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: