FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

2013九州旅行記その3『高千穂』

九州旅行記その2の続きです

11日ぶりですが続きの写真をアップしたいとおもいます。
この記事の写真はほとんど風景なんですが、どれも絶景なのでぜひクリック拡大してじっくり見てください。

日向から高千穂へ向かいます。
途中、山をいくつもの高い高い橋で渡ってゆきますがその一つ、青雲橋。レリーフのシンボルは高千穂神楽の「タヂカラオ」
NEC_2143.jpg
ながい橋です。
NEC_2144.jpg



橋の上から下を見た眺め、あまりにも高すぎていまいち凄さがわからないかもしれませんが。
NEC_2145.jpg

下に降りて見上げたところはこんなかんじでした。
上が青雲橋、下にあるのは廃線になった高千穂鉄道の鉄橋です。
NEC_2146.jpg

もうすこしすすんだところの天翔大橋。橋の上はじっさい通っていませんが、高さ、長さとも日本一のアーチ橋だそうです。かっこいい名前です。
NEC_2147.jpg


高千穂行くならカートに乗ると良いと教えてもらって行きました。「あまてらす鉄道」。
数年前の台風でぼろぼろになり廃線となってしまった高千穂鉄道、その線路の上を高千穂駅~天岩戸駅の向こうにある大鉄橋を渡りきるところまでをカートで往復しています。スリル満点で素晴らしい体験でした。

屋根はありませんので雨だと走らなかったりするのかな。お天気でよかった!
NEC_2151.jpg

トンネルをふたつぬけ、天岩戸駅をすすんだ先。「まじで!?これわたるの!?」乗客全員(8名)大興奮。
NEC_2156.jpg
NEC_2153.jpg

むっちゃ高いです。さえぎるものは無く橋もわりとぼろそうです。いろんな意味でスリル満点。
NEC_2155.jpg

運転手さん、いいかんじのおじさまでした。
NEC_2157.jpg

おまけ。あまてらす鉄道の「たぢからくん」
トー○スではありません。
NEC_2149.jpg

その4につづく。次は天岩戸~阿蘇です。
関連記事

コメント

わぁ、すごい!!

カートからの景色、本当に素晴らしいですね。
カートというからには、身体むき出しなんですよね?
すごいです。秘境ですね。
ぜひいつか行ってみたいです。
ご紹介感謝です。

ちすみさん

こんにちは!ほんとにむき出しですよー!
ぜひ行ってみてください。カートは運転時間があり定員もあるので確認して行ってくださいね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: