FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

あけましておめでとうございます

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
新年の幕開けは吹奏楽のコンサートでした。

去る1月6日、尼崎のアルカイックホールで「ブラスパラダイス大阪」に出演してきました。
だいたい年に一度ぐらいの不定期で開かれるコンサート。おもに関西で活躍中の、プロ奏者有志の楽団です。メンバーは固定ではなく、毎回半分ぐらいは入れ替わっていますが、第4回目か5回目?ぐらいからずっとメンバーとして吹かせて頂いております。10回目の今回の指揮者は井村誠貴さん、ホント熱かったです。(前回も熱かったけどもっと)

今回のプログラミング、特に後半ミュージカルが3本立て、というのも井村さんが得意とされているジャンルにフィットする選曲。
「オペラ座の怪人」はトゥジュールでも良くやってるので手元に映像資料が有りましたが、あとのレ・ミゼラブル、ミス・サイゴンは有名なナンバー以外を知りませんでしたのでさっそく映像・ライブ録音を取り寄せ、年末見たり聞いたりしていました。

音楽・とくに歌は、とてもシンプルに人の心に入って行きますね。
ミス・サイゴンはさらっと聞いても今一つでしたが、何回か聞いてるうちにどんどんハマりました。クロド・ミシェル・シェーンベルクは凄いなあと思いました。すっきりしない。どこかトンガってる。広がっていく。いつの間にやら心の中にずっととどまる。
ただそれは、このブラスパラダイスのリハーサル時間の中で、自分の中に植わって行ったものも大きいと思います。

たぶんこのコンサート、演奏者自身が一番いい思いを、いい体験を、したのではないかなあ…
(なんと「オペラ座」では本物のクリスティーヌとエリックが登場したのです♪)

いつも思うことですが。音楽は等身大でしかできない。
人間が深まれば深まるほど、そこからあふれ出る音楽も深まる。
それをダイレクトに届けるには、本気で表現してこそ。感じまくってこそ。

指揮者がリハ中に言った「命かけて」という言葉がありましたけれど、今の自分には良くわかる気がします。
いま生きていることの100%を、音に込めるように。
演奏家というのは幸せな身分ですね。

いよいよ次はソロの舞台、1/18(土)ニューイヤーコンサート。
命、燃やして音楽したいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: