FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

プログラムノートの話

このところ本番の規模の大小に関わらず、本番の次の日に疲れがどーっと出る。
体がおもたーーくて、横になると体がずうううううーんと床にめり込んでいって、いったん寝ると起き上がれない。
その割にはなんにもヤル気がおこらないとかそういうことはなくてむしろなんかいろいろやりたいことがアタマに浮かんでくる。

どうしてこうあたまとからだのギャップが大きくなってきたのかなあ。これも年齢だろうか。

さて、本番で行けなかったが、昨日は大学の同級、西本淳がリサイタルをやったらしい。らしいとか言ってるが、ほんとはかなり聴きに行きたかったところだ。勝負に挑んでるプログラミング。プログラム見ただけで、すげえ、って感じです。
聴きたかったなあー。残念。プログラムの解説は夫の大島が担当してます。

そういえば、自分の演奏会に解説を人に頼んだことがない。
裏をかえせば専門家に解説を頼まざるを得ないような難しいプログラミングに挑んだことがないとも言えるが。
身内に専門家がいてるのになあ。もったいない(笑

サクソフォン奏者の雲井雅人氏などは自身のコンサートはもちろんCDの解説も見た限りでは自分で解説を書いておられるが、これはすごいことだと思う。
それによって、演奏者の主観が現れるし、こうこうこんな曲だから今日はこの曲を演奏したいのですという熱意がこもってるから、聴く方もおおっそれならどんなんか聞かせてもらおうじゃないかという気になる。
演奏者としては解説が記せるくらいの知識はもって演奏すべきであると無言に言われているような。つまらぬ解説しか書けない程度の知識で演奏しては恥だと。

うーむ。自分たちの書いてる解説ってどうなんだろう。無知(バカ)丸出しじゃないのかなー。ハッハッハ。
関連記事

コメント

ずいぶん前にちくのうの話でコメントさせていただいたものです。あまり書き込みはしていませんが、プロ奏者として、1児の母としてのいろんなエピソードを楽しみながら、また共感を持って読ませて頂いてます。

今回お話に上がっていた西本さんの演奏会に行って来ました。ほとんどの曲が生で聴くのは初めてでしたが、チラシを見てこれは行かねばと思うような気合の入ったプログラム。それに負けない気合の入った演奏を聞かせていただいて本当に満足して帰ってきました。エレジーとロンド、そしてマルタンのバラードは本当にすばらしかったです。

マルタンのバラードはとてもいい曲なのに演奏会で聞くのは今回が初めてです。もっと演奏されてもいいような気がするのですけどね。

実はもりしたさんの演奏は聞いたことがないんですが、9月のカルテットの演奏会にはぜひ行かせていただこうと思います。9月はガブロッシュとトルヴェールも神戸や大阪で演奏会をしますので、本当に楽しみな月です。

なんかプログラムノートっていう本題とは全然関係ないですね。ごめんなさい。だらだらと書いてしまいました。ご迷惑でなければまた書き込みさせていただきます。では。

コメントはお気軽に!

西本氏の演奏会に行ってこられたのですね。
マルタンのバラードは、フラジオが極めて多用されているのでやはりその難しさがあまり演奏されない理由かもしれません。
書き込みは記事の内容とぜんぜん関係なくってかまいませんよー^^基本的に日記という形なので。お気軽にどうぞ!

9月のトゥジュールはそれぞれのソロなども織りまぜてとても聴きやすいプログラムにする予定です。対象が一般なので。
2月のリサイタルにも来ていただけるとうれしいなぁ…。こちらはオリジナルが中心になると思います。

楽しみが増えました。

ぜひ2月のリサイタルにも行かせていただきます。オリジナル中心ですか。真っ向勝負ですね。楽しみです。

うちは夫婦共働きなうえに6歳と4歳の男の子がいます。妻は私以上に夜が遅いので、私自身が子どもと過ごす時間を取るためにも今はサックスから離れています。年に一度アンサンブルコンテストに友人と出るくらいです。

ですから今はCDを買ったり、時々コンサートを聴きに行くのを楽しみにしています。9月のトゥジュールのコンサートも必ず聴きに行きますよ。応援してます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: