FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

楽器が鳴ってきた

ようやくシリーズ3が鳴ってきたような気がする。

実は、やっぱ3は自分にあわないのかなとか、最初の出合いの衝撃は間違ってたのかなとか、まぁいろいろ悩んでいたのだけど、根気良く吹き続けてたらようやく心を開いてくれたようである。
鳴ってくるとやっぱり直感は間違ってなかった、って気になってきた。
まだはっきりとはわからないけど…

うまく鳴らなかったのは梅雨だったってこともあるだろうな。湿気が多いとリードの調子が狂うばかりでなく、タンポが水分を含んだりとコンディションがくずれやすい。ただでさえ、新しい楽器は落ち着くまである程度時間がかかるというのに。

まぁまだ安心は出来ないけど、とりあえず16日の本番までにちょっとは仲良くなれたかな。

とまあなんだか何時のまにか楽器を擬人化してる自分がいるのだけど、これは何も文章に書くからデフォルメしてるってわけではなくやっぱり楽器は人格をもってるような気がしてならないのだ。同時にリード(楽器につける葦でできた板のこと。発音体)もやっぱり擬人化してしまう自分がいる。
つまり、音に個性があるということはそれは生きているという風に感じてしまうのだな。

年老いてダメになったリードはそのまま捨てないで必ずバキっと先を折ってから捨てるのだけど、折らずにそのままポイってするとなんだかリードの魂みたいなのが「まだ自分は鳴るのになんで捨てるの?」って話しかけてくる、そんな気がするのだ。

うーんと…あれ、なんかこわい話ぽくなってしまったけど。
まぁ、そういうことで。(どういうことだ)
関連記事

コメント

楽しみです!

明日がバレンタインと秋商品のイメージ撮影。
…と言うわけで、今日はご多分に洩れず忙しくて帰りはタクシーで午前様。。。トホホ。
でも、明日の撮影が終われば次の日はもりしたさんとダンナさまのブライトンの日だ~!
楽しみにしてます!仕事に疲れてる私をどうぞ癒してください(笑)
シリーズ3のデビューも楽しみ。。。(*^_^*)

うひあー、遅くまでご苦労様です。
って私も本番前日になにを夜更かししてるんだか・・・
もう寝よう。
下手に吹くとまたヤツ(3)の機嫌損ねそうだし・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: