FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

石清水八幡宮、八角堂

先日の日曜日は、八幡のオカリナ試演会でした。たんと音楽教室として月1度、八幡の実家でもレッスンしておりまして、サークル、個人レッスンなど含めてこちらでの試演会は4回目。いつも大和郡山でのオカリナ試演会は朝から夕方までガッツリですがこちらは午前中で終了あとはお茶しながら交流会、という、和やかで気楽なひととき。
余裕が出来たので午後はひさしぶりに石清水八幡宮にお参り、そしてちかごろ修復されたと話題になっていた八幡の「八角堂」を訪れてみました。

八角堂は元々は石清水八幡宮のある男山に存在した仏堂で、明治時代に行われた神仏分離によって現在の場所へ移転(現在の松花堂近く)したとのこと。その後、荒廃したが秀頼に再建されたもの。八幡宮が国指定の史跡となったとともにこちらも国指定史跡と昇格し、このたび5年かけて修復がなされたということでした。母の話によれば中に入って天井画が見れるかも??ってことでしたが残念ながら閉まってました。(公開日のみ入れるそう)ぐるりと周りを見ただけですがとても興味深い場所でした。近づくにつれ、その人為的で小高いかんじはなんだかどうも古墳くさいなと思っておりましたがやはり、れっきとした前方後円墳(西車塚古墳、という名前)でした。そのてっぺんに仏堂があるというのは面白い。

この辺りには他にも古墳がいくつか有ったそうで、母校である男山第三中学の側にも「茶臼山古墳」と書かれた石碑が立っていますが、団地のなかで今やその跡は見られません。ここで古墳の形が守られたのは、てっぺんに仏堂が建っていたおかげなんですね。

もともと中にあったとされる阿弥陀如来像は写真で見る限り光背に13体?の化仏を従えたりっぱなもので、これもまたたいへん興味を惹かれました。げんざいここから北に少し離れた正法寺にあるそうで、仏像が公開される日を狙ってぜひ行きたい、と思いました。

はちまんさんの展望台に、以前は気づかなかった谷崎潤一郎の文学碑を見つけましたので、その「蘆刈」をさっそく読んでみました。天王山のふもと水無瀬離宮跡の神社が始まりの舞台、男山にのぼる月を眺めに渡し舟にのって橋本へ向かう途中にある中州(桂川と宇治川が合流する場所・背割りの北側の堤)が物語の中心となっています。男山・橋本、かなりエモい場所なんだなとしみじみ。河向うの、水無瀬神宮にも行ってみたい。
(蘆刈はweb文庫でも読めます)

以下写真。

61701566_1616954551769898_1814844134641369088_n.jpg
石清水八幡宮本殿の正面。お正月に来なかったので今年初のお参りです。
幼いころから見慣れた姿はなんだかほっとします。

61730371_1616954835103203_3659476985626755072_n.jpg
メイン参道。おびただしい灯篭がならびます。考えてみればこんな山の上に広くりっぱな参道があるのは珍しいことです。以前はこの先の小屋に白い神馬が居ましたが…

61607293_1616954618436558_6303785008565846016_n.jpg
売店に「男山からあげ」なるものが…きになるけど食べてません。
おなじみ厄除けうどんもあるよ!

62113961_1616954938436526_4047714657358577664_n.jpg
ケーブルカー駅ちかくの展望台。
以前はここから京阪の赤い鉄橋が二本見えましたが、高速道路ができて今は手前の一本しか見えません。

61899207_1616954978436522_3988185487218049024_n.jpg
裏参道の鳥居前にある大きな灯篭、ひとつ大破していました。昨年の地震の影響?

61901182_1616955088436511_5933455327528747008_n.jpg
こちらは松花堂庭園の西側にある石の道標。水月庵、とはこの先にあるお寺の名前だそう。
こんなものがあるということは古い街道なのかな?と調べてみる。
ここは京と高野山を繋いだ「東高野街道」と言われる古くからの道で、松花堂はちょうど八幡さんから南にくだるとちゅう東西横切って樟葉へつづく道の辻にあるんですね。他にもいろいろありそう。

61897494_1616955131769840_6227425085657972736_n.jpg
それの右側。北・八幡宮本社十丁、京坂八幡停留所廿丁・・・などとある。
廿は二十という意味だそうだ。へー。
招堤も古くからの地名なんですね。

61702575_1616955445103142_802575005022945280_n.jpg
八角堂。修復されてすぐでとても鮮やかでした。八角といっても、正方形の角をおとしたような八角。

61511913_1616955221769831_6867654170887847936_n.jpg


61657289_1616955165103170_2465505003943493632_n.jpg
地形図。前方後円墳であることがよくわかりますね。

61955154_1616955251769828_86044799282446336_n.jpg
中にあったという阿弥陀如来像について。

61624046_1616955268436493_2888407554289827840_n.jpg
敷地内にあった石碑の一つ。役行者小角とおもわれる。この石碑については、謎。

61976637_1616955328436487_8209549091147874304_n.jpg
右側。

62058523_1616982281767125_1399900278953607168_n.jpg
かわった形の石が集められています。前の建物の廃材か?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: