FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ハートふる4公演終了!(前編?)

小林洋子さんとデュオたんとの共演、ハートふる・オカリナコンサート4公演が終了しました。
遅くなりましたが写真と共にツアーレポート。

長野では・・・
朝から晩までリハーサル
IMG_2251(2).jpg
一日中オカリナ吹きまくるってなんて幸せなんだ!という一日
(それも共演者が素晴らしいからなおのこと)

洋子さんの生徒さんたちに、特別公開リハ~サル♪
21790.jpg

夜はなななんと!!洋子さんの手料理
IMG_2258(3).jpg
ぜんぶ美味しかったァ・・・
それにしても本番前日の夜にこれだけの手料理ふるまってくれる洋子さんのバイタリティたるや。
逆立ちしてもまねできません

佐久のコンサート会場はキャパ広く響きもとってもよかったです。
IMG_2267(2).jpg
ピアノは最近購入されたというスタンウェイのフルコンサート、それはそれは大切にされており・・・
とてもよく鳴り響くため生のオカリナと共演してもらうにはちょっと辛そうでしたので
ポップスの多い第二部のみオカリナはマイクありで演奏させてもらいました。

ポスターが張られてるホール掲示板(とても目に付くこれほんといいデザインbyゆうたくん)
IMG_2264(2).jpg

こちらの公演、スタッフがめちゃ多い!
IMG_2265(2).jpg
洋子さん率いるオカリナ合奏団「アコリット」のメンバーが中心になって運営してくださっていました。
ほんとうに心強い!そしてみなさんとってもあったかい!

終演後の打ち上げ会場からの移動中に寄ってもらったイルミネーション
IMG_2269(2).jpg
つめたく冴えわたる夜の空気に映えます。
樫山工業という会社がやってるようで、佐久では風物詩になっているのだそう。

そして佐久公演・群馬公演の間の中日は、景色の良いカフェでゆっくりモーニングをいただきながら語ったり
素敵な景色を見ながら移動、(このあたり写真ないですが)
たくさんの良い景色を見て、心豊かになれる時間を過ごしました。

IMG_2272(2).jpg
浅間山。ツアー中一番眺めた山

(このほかにも写真を色々取ってますが旅行編はのちほどアップするつもりでおります)

群馬公演は超満員
IMG_2281(2).jpg
それでも十分にいい響きのホールで、全編マイクなしで演奏しました。

第一部はクラシカルに~
IMG_2279(2).jpg

第二部ははじけて~
IMG_2280(2).jpg

群馬公演では客席とステージが近く段差もなかったのですが、
休憩時間には楽器台のまわりに人だかりが出来ていたそうです。
お客さんの多くはオカリナ吹く人で、どんな楽器かご興味がおありだったのですね。
それで楽器の紹介コーナーも挟んだりしました。

ちなみにとくべつにこうかい・・・
洋子さんコーナー
IMG_2259(3).jpg

もりしたコーナー
IMG_2263(2).jpg

会場の響きやお互いのバランスによって楽器をチョイスするので、なるべく選択肢を多くしておきたいんですよね。これは佐久の時の台で、そのあとの公演でもお互いいろいろ使用楽器変わってます。

プログラムではG線上のアリア、小さな旅、などのお馴染みの作品がはやり人気でしたが、ほとんどのお客さんが初めて耳にしたであろう「ホワイトフォレスト」がとても好評でした。作品そのものやピアノアレンジが優れたものであることもありますが、寒い冬の森のイメージが、佐久や群馬の方には馴染んだのかなあと思います。
自分の中では、ずっとやりたかったバロック作品が演奏できたことが嬉しかったです。ナチュラルに演奏するにはまだまだ、ですが…

洋子さんと居るとほんとによく話すしそれだけでとっても元気になれるんですけど
(もーほんとに元気で、ポジティブで、あったかい方ですので)
たくさん話した中でも、洋子さんが信念とするオカリナへのスタンスには
とても共感するものがあります。
一緒につくってゆく音楽の中でもそれをつよく感じながら演奏できたこと、幸せでした。

(奈良・神戸ではほとんど写真とってませんでした・・・。
もらえたらあとでアップします!)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: