FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

オーティス・マーフィーさん

今日は梅田ドルチェアーティストサロンへ、アメリカ人サクソフォンプレイヤー、オーティス・マーフィー氏のマスタークラス&ミニコンサートを見に行ってきた。
いやあ、なんともパワフルな演奏される方でした。パワフルかつソフト。

マスタークラスではリュエフのソナタをレッスンしたのだけどしょっぱなからとにかく「もっと強く!もっと!もっと!」
そ、そんなにもやってええのん?ってぐらい。
レッスンの内容はとてもわかりやすい英語で(もちろん通訳はいらっしゃいましたが)仰る内容も端的にかつ明確な例をあげたり、で分かりやすかった。
音を作る上で音の的を射るイメージを持つ、というのは自分も同じようなイメージを持っていたのでとても共感できた。しかし例にあげるのが、ショットガン、GPSレーザー…っていうのがなんか米国的だなぁ~と思ったのは私だけだろうか。

少しだけお話したけど、やはり、お人柄もそんな感じ(パワフルかつソフト)なのかなあと少し思ったり。とってもフレンドリー(?)な方でした。ドルチェマガジンで写真みてお顔しってますよ!とか言われた時にはちょっと恥ずかしかった。きっと、実物ぜんぜんちゃうやん、て思われたにちがいない。いや、外国人からしたらあんまり違わないんだろうか。

なんかちょっと自分が忘れてたなあってところを思い出した。お客さんに伝えるには、うまいとかへたとか(もちろんめちゃうまかったです)そいうことより、やっぱりあれくらい全身全霊込めて演奏しなきゃな、と。
マーフィーさんに比べたら自分なんか全然ホンキで吹いてなかったジャン…と思えました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: