FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブレスは鼻から?口から?

総合感冒薬のCMみたいなタイトルですが
ブレスは鼻か口かどちらですべきですか、と聞かれることがありますのでこのことを書いておこうとおもいます。

これはプロでも人によって違うのでどちらが正解というものはないでしょうが
それぞれにちゃんと理由があって選んでいると、言えるのではないかと思います。
自覚なくやっている人も居ると思いますが、演奏のときの自然な運動は洗練されたものであり理由があるでしょう。


まず前提として「鼻から吸う」ときと「口から吸う」ときと「両方から吸う」時に違うところは

・唇の形態(口を開いているか閉じているか)
・軟口蓋の状態(口と鼻の間にある弁が開いているか閉じているか)

以上二カ所であることを、認識しておくとよいかとおもいます。

1鼻から吸う 唇…閉、軟口蓋…開
2口から吸う 唇…開、軟口蓋…閉
3両方から吸う 唇…開、軟口蓋…開

こうして書いてみるとなんだか難しくみえるかもですが、ひとは無意識のうちにこれらを開けたり閉めたりして呼吸の切り替えをおこなっているのですね。

なお
吹いているときは、唇は楽器に触れて必要なだけ開き、軟口蓋は基本的には閉じています。
(余った息を鼻から逃がすなど特別なとき以外は)
また空気が入ってくる先は肺であり、呼吸筋がこれを拡げる事で空気が取り込まれるということは、どちらでも変わりません。


で、私のブレスですが…

サクソフォンを吹く時は完全に口からです。
試しに鼻から吸うと、軟口蓋のセッティングがわずかに遅れて発音準備が整わず、どうも不自然になります。
(サクソフォンのようにリードを発音体にする楽器は演奏中口腔内に圧力が掛かり、その主な所が軟口蓋になります)
アンブシュアをつくるスピードの問題なので、慣れればできない事もないかとおもいますが。

オカリナの時も主に口からですが、最初の発音と、長い休みのあとなどゆっくりしたブレスでは両方を使うことがあります。
これはもともと無意識にそのようにやっているようでしたが、自己観察してみたところ、どうやらオカリナの発音時に喉にかなりリラックス感覚をもたせてるようで、そのせいだと思います。ただこれも、楽器の抵抗の強度で変わってくるような気はします。
(あと、テンポの速い曲では最初も口です)

あとオカリナは吹いてると口腔内に唾液が溜まってくることがあるのですが、そんなときに口から勢いよく吸いこむとむせることがあります。そういうキケンを感じる時は、口を開かず鼻から吸っています。これは意識的にです。
でも鼻から吸うと基本的に足りないので、特にそういう理由がない場合は口です。

主に鼻からブレスをとるという人の理由を聞いてみると
・深く吸える
というのがあります。
たしかに、鼻から吸うとゆっくりとした呼吸になり腹式呼吸の運動が働きやすくなります。
(ここでいう腹式呼吸とはお腹のあたりの筋肉を「主に」つかって吸い込む呼吸のことで、吸気でお腹を膨らますことやお腹で息圧を支えることではありません)
呼吸が浮わついた感じになっていて息の支えがいまいちの人にとっては、行うことによって良い効果がえられそうです。

また
・アンブシュアが崩れにくい
ということを聞いたこともあります。フルート奏者からの話です。
しかしガッツリ口を開けて吸っておられるのも見かけますから、フルート奏者も色々かと思います。


どっちがいいのか、両方を試して体感して見ると良いのではないかとおもいます。
具体的には、鼻から、口から、両方からを試してみて、

・沢山吸える
・リラックスを感じる
・深くなる
・準備がし易い

など、それぞれのメリットデメリットをみつけてみる事ですね。

正解を探すのではなく、
じぶんの身体がより、自然に使える方法はどちらか?
という観点であることが大事かとおもいます。
また人は生きてるうち身体の使い方も変化しますから、そのときブレスも変わって良いものだとおもいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: