fc2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

04 ≪│2022/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

「自由に」ってどういうことなのか(無伴奏曲とかカデンツァとか)2

前の記事の続きです。

無伴奏・即興部でもハーモニーや拍の概念は存在する、ということでそれは即ちどういう事か、ということを書いておこうとおもいます。

音楽の「流れ」(と言っていいのかわかりませんが…)の中には

緊張→緩和

がいつも存在します。
これが音においては和音の変化にあたり、時間においては拍にあたります。

和音は、調性においてざっくりと「落ち着く」性質ものとそうではないものとに分類することが出来ます。音楽の流れの中ではこれらが交互に繰り返されます。
拍は前の記事に書いたように、アップビート→ダウンビートの繰り返しです。何分の内拍子、という拍節はこれが規則性をもって繰り返されているものです。

演奏しているときに、これらのサイクルを感じ取ることは欠かすことが出来ません。
そしてこのような緊張と緩和のサイクルは自然界あらゆるもののなかに存在しています。
もし感じることなく音を発しているとしたら、きっと「不自然」に聞こえるでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: