twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

第四回オカリナコンクール

第四回日本オカリナコンクールに行ってきました。

たんと音楽教室から4名の生徒さんが、独奏部門に参加(いずれも大島忠則がピアノ伴奏を担当しました)。
そして審査結果が出るまでの待ち時間に第一回グランプリ受賞団体による招待演奏として、デュオ・セルリアンで5曲ほど演奏しました。

さて独奏部門には課題曲があり、その難易度ゆえに参加断念される方も多いようです。
コンクールは過去4回とも聴いていますが毎年、参加者はこの課題曲に苦戦されているように思います。
というのも無理もないですね、ただでさえ緊張するコンクールというステージでいきなりの無伴奏。高音の行き来を含む指回り・またタンギングも早いので、緊張でいったん身体が言う事を効かなくなると、いろんなミスを連発しかねません。
(レッスンはしたもののいざ自分に出来るかな、というとやっぱり相当怖いです…^^;)

今年は「ヘンデルのガヴォット(陽気な鍛冶屋)」主題・変奏1・変奏2 という三つのパートからなります。
なお、FBにポストした内容ですが、今回の課題曲で生徒のみなさんに共通してお伝えしたことは以下のような事です。

音程を正しく。無伴奏なので主音と属音(ヘ長調なのでそれぞれファ、ド)の二つの音程を耳からしっかりと入れてそこに基づいて演奏すること。とくに、高いファがきちんと鳴らせるように。(ヘ長調でファが主音にあたるため音程が下がらないよう)。
音楽的なフレーズ分けをしてそれに沿った息づかいをすること。
残響の長いホールなのできちんとした発音で音の粒を響かせること。
和音の構成音や、終止形など和音のつながりに基づいて重要な音とそれ以外の音の扱いをすること。

この日いろんな課題曲の演奏を聴きながらつよく思ったこと。
並んだ音をもっとも美しく聴かせるためには、やはりその時代の演奏スタイルを勉強しなければいけないのだ、ということ。
作者がどんな美意識の元で音を並べているのか。そこには必然が有って、アーティキュレーションの選択一つ誤るとそのスタイルを崩しかねないのだということ。

どこでブレス吸うか、どこにスラーをかけるか、長くするのか短くするのか。ビブラートはすべきか否か・・・
いくらか決まりは見えているものの、まだまだ自分も勉強不足です。
ホントにこの課題曲はいい題材だと思います。

一方で自由曲は本当にいろんな演奏があり、とても楽しめました。
オカリナを使ってこんな表現がしたい、と、それぞれの思いを強く感じました。(これは毎年ですが)
複数管ですばらしい演奏をされた方が何人か居らっしゃいましたし、第三位入賞を果たされた方はオカリナ(単管)&ウクレレでハワイアンという、今まで聞いたことのないスタイルでしたが、これがまたとても素敵でオカリナの可能性再発見でした。

たんと音楽教室生の参加者は、
独奏部門・第一位及び総合グランプリ、第二位、そして36ステージの中からお客さんの投票で選ばれる聴衆賞(得票数84票)を受賞されました。

正直な話、やっぱり生徒さんの名前が授賞式で呼ばれて前に出てこられると、ホントによくがんばったね、報われたねと、嬉しい気持ちでいっぱいになります。
ウカレてはだめだ…と思っていましたがそりゃほんとはもう「みんなすげー!やったー!」って大声で叫びたい気持ちでした(笑)

グランプリ受賞された生徒さんは、たいへん美しい音色と、テクニックとをお持ちの方なのですが、フルートをやってた学生のころ(30年前だそうです)からいつも舞台では緊張しすぎて力を出し切れず、ずっとトラウマを抱えていたと仰っていました。コンクール参加は二度目でした。

二位受賞の生徒さんは若い奏者です(二児のお母さんですが)。しっかりした音楽基礎力を持っておられるので、これからきっとオカリナ奏者としての活動を拡げて行かれると期待しています!

聴衆賞の生徒さんは年齢はシニア部門にも近いと仰る方でしたが、豊富な経験と知識ゆえ!?毎度レッスンのたびにぐんぐんと吸収して行かれ、そして本番直前の頃にはなにやらオーラを身に纏ってすらおられました(笑)この日のステージは神がかっていたので聴衆賞は納得でした。

そして、独自に私から「たんと賞」をあげたもう一人の生徒さんはなんとコンクール参加3回目。この方のことはFBに記事にしましたのでよければお読みください。

(何人かの方に「森下門下」と言っていただきましたが、伴奏を担当した大島からも多くの指導をしております。「たんと音楽教室生」とさせてください^^)

いくつになっても、プロでもアマでも、たったひとつの舞台にむけて日々頑張りを積み重ねてくことはやっぱり素晴らしいことですね。
皆さんのがんばりに、お客さんとして聴きにこられたたんと音楽教室生のみなさんがものすごく刺激を受けて、いまなんだかすごいことになっています。特に、なかなか自信がもてず大人しかった生徒さんたちの目の色が変わっています。
心が変われば音が変わりますね。



今回、私は若い挑戦者が何人も居たのが嬉しかったし、これからも沢山演奏してほしいです。
そしてシニア部門のみなさんの胸にグッとくるような音色と演奏にも感動。
オカリナはやっぱり「音色」なんだな。
人の思いが、こころが音になる、正直な楽器です。


最後に。
このコンクール開催に、たくさん力を尽くしてくださっている運営の皆様、
いつも温かく参加者をサポートしてくださっているボランティアスタッフの皆様に、心より感謝申し上げます。


このコンクール、次はどのような形で関わることになるかまだ分かりませんが、来年も楽しみです。

↓コンクール結果詳細などは公式サイトへ
日本オカリナコンクールウェブサイト


↓過去のオカリナコンクールの記事
第三回日本オカリナコンクール
第二回日本オカリナコンクール
第一回日本オカリナコンクール(出場)

たんと音楽教室 オカリナ・ピアノ試演会

今日はオカリナ・ピアノ受講生の試演会でした。オカリナ・ピアノとも、皆さんのレベルの高さに感心。

今回とくに、オカリナのもつ魅力ある音色を「響かせる」事ができる生徒さんが沢山おられるということにびっくりしました。少し前まで私にも簡単には出来なかった事です。この変化はどういう事なのだろう…としきりに考えています。
我々講師が皆さんに授けている練習の仕方や注意の向け方は、ほんのすこしのヒントです、やはり出せる人は優れた演奏を聴いて知っていて、日々思い描いて練習に励んで居られるのだとおもうのです。
良い演奏の要素というのはもちろん他にも沢山あり、クオリティの高い演奏とはそれらを数多くクリアしているわけです。しかしながらやはり、音色という要素はとても大きなウェイトを占めます。それでいて一朝一夕には手に入らないものです。

やはり舞台は色々なものが現れる、特別な場所だなあと今回もまたつよく思いました。興味深かったです。

参加の皆さん、お疲れ様でした。今日までよく励まれたと拍手を送りたいです!👏
色んなレベルの、色んな年代の方が其々に目標を持ち頑張っています。お互いにそれを認めあいながら、何より自分自身をしっかりと認めて、高めていってほしいなと願います。
われわれ講師として、それが見られる事が何よりの喜びです。
(大島も何十曲にわたる伴奏、がんばりました!👏)

さて終演後、舞台袖の狭い暗い空間で片付け作業していて立ち上がったとき、わりと派手に頭をぶつけてたんこぶをつくってしまいました。いたい😣
アホなところを誰にも見られていなかったのがせめてもの救いか💦

デュオ・セルリアンリサイタル 満員御礼

1月29日大和高田さざんかホールにて、「デュオ・セルリアン リサイタル」が終了しました。
たくさんのご来場誠にありがとうございました!!o(^▽^)o

「日本オカリナコンクールのグランプリ受賞凱旋コンサート」
という位置づけで、千井慶子の地元の大和高田さざんかホールとの共催という形で開催させていただきました。
千井慶子おめでたの為、昨年にいちど決まった日程がこの日に延期となりましたが、
チケットはなんと開催二か月前に完売…(;゜0゜)
ほんとに多くの方に来て頂け、遠方からのお客様もたくさん居られましたが、ありがたいことです。

なんといってもここ「さざんかホール」は響きがすばらしく、オカリナは生でもとっても気持ち良く響くのです。
ただ、グランドピアノとの共演するとなると、ピアニストへの負担(抑えたタッチにしたり、アレンジの音圧を薄めたりしないといけない…)が大きい為、今回はピアノ共演の曲に限りマイクを少しだけ使わせて頂きました。

お客さんはオカリナ・またはサクソフォンの演奏を楽しまれる方も多かったので、サクソフォンもオカリナも楽しんでいただこうとそれぞれの魅力を感じて頂けるよう、色々な曲を選曲しました。
サクソフォンを持ってる方はオカリナに、オカリナを持ってる方はサクソフォンにも
興味をもっていただけたなら嬉しいなあ~(o‘∀‘o)*:◦♪

私たちにとってサクソフォン・オカリナどちらも、一つの自分の音楽表現手段であり「声」であります。当然それぞれに習得すべきことは違ってきますが、その違いというものが実は相互に新しい視点をもたらして、どちらにも生きてきています。
オカリナをはじめるきっかけが、純粋にオカリナに惹かれてというよりはサックスの先生のついでにオカリナの先生も・・・なんてのはもちろん昨今我々の世界ではむしろスタンダードなところだと思われますが、案外オカリナはシンプルであるがゆえ、やりだすととことん奥が深いものです。

自分の場合はたまたま触れる機会があって、興味をもちはじめてずるずるとハマっていったオカリナですが、
きっかけなんてのは何でも良いし、むしろ「きっかけづくり」を私たちはやっていかなくちゃいけないですね。

私自身オカリナの探究はずっと続いていますし、これからも疑問と発見はたくさん、ありそうです。
なかでもこのような二本の楽器でのアンサンブルというのは
自由度が高く表現の幅もあり、これからも演奏の機会をつくりたいと思っています。
(子ども向け~ご年配向けまで、セルリアンはどんどんご依頼承りますよ~!)

今回リサイタルの為にレパートリーほとんど出し切ったので(笑)また次回にむけて考えていかねば・・・
ご来場の皆様、開催に当たり多くの協力をくださったさざんかホールの皆様、当日お手伝いくださった皆様へ感謝。

なお、デュオ・セルリアン、次回の演奏は3月17日に地元児童館において子ども向けのコンサート。
3月26日に日本オカリナコンクールにてゲスト演奏(30分プログラム)です。どうぞよろしくお願いします。

2017リサイタル_170201_0009


2017リサイタル_170201_0004

さざんかホールのみなさん、お手伝いスタッフのみなさん、ありがとうございました!
2017リサイタル_170201_0029

さざんかホールの近々の催しポスター
IMG_6442.jpg

ごあいさつ

喪中につき新年のご挨拶を控えてさせていただいております。
喪中はがきを出してはおりますが、年賀状はありがたくいただいております。年賀状や寒中見舞いを送ってくださった方、ありがとうございました!
やっぱり、例年からするとほんのすこししか届きませんけど、娘は家のポストを開けるのを、楽しみにしてます。

年末年始はひさしぶりにゆっくりと過ごせました。
大島・森下の家にてそれぞれ親戚があつまり、子どもらはいとこ同士で触れ合うことができる貴重な機会でした。

きのうは永らくほったらかした髪を、美容師の義姉に整えてもらいつつテレビで母校のサッカー観戦。

今日は大阪ドルチェ楽器にて息子の試奏に付き添い、娘と梅田デート。

なんだかずいぶんゆっくりしました。

そろそろ手帳・カレンダーに目を向けて。
さあ、これからまた一年頑張ろうという気持ちです。

今年も音楽を通じてたくさんの出会いがありますよう。
今年もよろしくお願いいたします。


追記:
新年はじめのコンサートは
1/16のブラスパラダイス大阪です!(詳細はコンサート情報をごらんください。PC表示は右側。スマホはこちら
ザ・シンフォニーホールで、迫力満点、吹奏楽の名作揃いなコンサートを楽しみませんか!?
チケットご予約おまちしております♪

梅田スカイビルより
20170104a.jpg

おみくじ。大吉でした!
20170101a.jpg

お義母さんのおぜんざい。鳥取の伝統的なお雑煮だそうです。
20170101b.jpg

18回目の「親子わいわいコンサート」

地元の公民館で毎年開催している「デュオたんとの親子わいわいコンサート」

わたしたちの音楽でできること、やりたいこと。
「ちいさい子どもがいても生の音楽をききたい」
という若いお母さんお父さんに、妊婦さんに。
身近に生の楽器の演奏を。
赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで
みんなが集まってわいわい楽しめる音楽を

そんな企画をもちかけてはじまったコンサート、
今までたくさんの共演者に助けてもらいながら16年間つづき・・・

今年は息子のフルートと共演しました。

最初のコンサート開催は、まだ結婚前でした。
二回目は息子妊娠中。
三回目は赤ん坊の息子が客席に聴いてました。

それから毎年、わが子らは
客席からわれわれ両親をみてくれています。

20161210oyakowaiwai.jpg

写真は客席にいた娘の携帯カメラから。

まだまだな息子
なかなか、親としてはアレコレと目につき。
それでも言いたいことは9割飲み込んで…
もちろん頼もしい面の方が多いのです。

ここまで来たんだなあと。
そう思えば感慨深いものがありますね。

FC2Ad