FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

プログラム公開!小林洋子&森下知子ハートふるオカリナコンサート

いよいよ今週末から、ハートふるツアースタートです!楽しみー!

flyer_okarina-02.jpg

チラシには載ってない、プログラムを一挙公開です。
大島忠則の作・編曲作品のほかポルカ、バロック、なつメロ…と、超もりだくさーん!になりました!

第一部
ル・ティエール/カナリアの二重奏
J.S.バッハ/G線上のアリア
テレマン/二重奏ソナタ第二番イ短調 作品40-125
大島忠則/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~
水川寿也/ホワイトフォレスト
中国伝統曲/燕になりたい※

第二部
梶浦由紀/Storia※
大野雄二/小さな旅
Simon Caby・Cecile Corbel/Arietty's Song※
W.A.モーツァルト/夜の女王のアリア※
大島ただのり編集/懐かしの音楽玉手箱
三木たかし/心の瞳※

※…大島忠則・編曲

チケット残件状況
・長野公演 余裕あり
・群馬公演 【完売!】
・奈良公演 余裕あり
・神戸公演 残席わずか!

と、なっております。ありがとうございます。
長野・奈良は大きいホールで響きも良いのでオススメですよ!ぜひぜひ。
神戸はほんとーにちょびっとしか残ってませんので、ぜひお急ぎください。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

大島のお母さんお手製のおせちとぜんざいを頂き、地元の神社に初もうで。
家族そろって、いつもどおりの元日を過ごしました。

このところは毎年、「いつもどおり」を過ごせることの幸せをおもいます。
今年一年も、よい年になるようがんばりたいと思います。

さてこのお正月に、息子が出場し優勝した「全日本学生音楽コンクール」での演奏がNHK-FMラジオ放送があるのでお知らせしておきます。

NHK-FM
放送日:1月4日(土)
時間:13:00~18:00

↓なお順番はこちらをごらんください
https://www4.nhk.or.jp/P2994/x/2020-01-04/07/74829/4604294/

「ソナチネ」
サンカン:作曲
(フルート)大島快晴、(ピアノ)鈴木華重子
(9分33秒)

高校生フルート部門は放送時間内後半
(予想では快晴の演奏は15:30ごろ)です。

上記リンク先の一番下から、インターネット経由でパソコン・スマホでも聞くことが出来ます。
お時間合う方はぜひお聞きいただければ嬉しいです。


昨年は、良い事が沢山あった幸せな一年でした。
そんな良い事ばかりではないのが人生ですけれど、
いっときいっときを大切にして
身近な人から互いが幸せになれるよう
幸せを分かち合い、辛い時は助け合い
よい一年となるよう、努力をしてゆこうと思います。

このブログを読んでくださった皆様にも
健やかで幸せな一年となりますように。

息子の学生音コン~コンサートおしらせ

現在高校三年生で、フルートを勉強しております息子・大島快晴が、全日本学生音楽コンクールで全国第一位になりましたのでご報告いたします。
これもひとえに、多くの皆様方の支えがあってのことと感謝の気持ちでいっぱいです。

毎日新聞記事:
『学生音コン全国大会 フルートの部 1位に京都堀川音楽高3年・大島さん /京都』


これまでもいくらかのコンクールに挑戦してきて全国優勝は初めてのことです。
親として彼にしてやれたことはたいして何もないのですが・・・
ここまで本当に指導者に恵まれたことを思います。

とくに彼が最初にお世話になった先生からは、本当にいい導きをたくさん与えていただけて、
そのおかげで彼にとっては素晴らしい先生方、大先輩方、そしてかけがえのない友人たちと巡り合うことにつながっています。
このことは楽器の講師をしている私にとっても、ほんとうに大切な事だなと感じます。

全国一位になって、本当にたくさんの方からお祝いの言葉をいただき、ありがたいことです。
今回はコンクールがネットでライブ中継されていて、ネットで聴くことができました。スマホやパソコンから聴いてくださった方も多くいらっしゃったようで、嬉しく思います。

願わくば、聞いたことのない方にはぜひ一度、彼の演奏を聴いてほしいなとおもっています。
親である自分が言うのもなんですが…彼は人を幸せにする音を奏でるなあといつも感じます。それでも音楽というのは演奏しているその人からあふれてくるもので、その時々でいつも変化しています。とくに、自由な音楽は本当にそうです。
ぜひ、聴きに足を運んでください。

kirameki2019_front_v2-1.jpg

kirameki2019_back_v2-1.jpg


京都堀川音楽高校・音楽ホールにて12/13(金)18時よりコンサートがあります。
彼の入学以来とってもお世話になったマリンバの先輩とのジョイントリサイタルです。
吉崎拓海さんは堀音の卒業生で彼の在学中から何度か演奏を聴きましたが、素晴らしい演奏で息をのみました。バッハを演奏されるというのもとても楽しみです。
ちなみに大島快晴が演奏するうちの一曲、ハンガリー田園幻想曲は彼が高校1年生の時の学生音コンで演奏した曲です。その時は全国2位で、思い出深い曲でもあります。
ピアノ共演も同校の卒業生と在校生。快晴の共演者は二年生の藤本紗朗さんです。

上記コンサートのチケットは、以下のリンク先からお申込みいただけます。
京都堀川音楽高等学校 Next ECHO

ところで、こちらのブログカテゴリが久しぶりに「子育て」になってますが…息子の子育て?ネタはこれが最後かもしれないですね。
(娘の方はもうちょっとあるかな…)

31回目のオカリナ・ピアノクラス試演会でした

教室で発表会のほかに年2回開催しているオカリナ・ピアノクラスの試演会でした。
毎度、それぞれに目標をもちながらの成長の機会としていただくべく、開催している試演会、今回は全体で60組ほどの演目となりました。

今回の演奏を聴きながら気づいたことなど

・気持ちは音に現れる

よく耳にする言葉ですけれどまさしく。


あまり練習が出来ていない、今まで人前でうまく行った試しがない、自分の前の人が上手すぎた!
・・・・など自信のもてない演奏はなかなか音が前に出ないもので
どうすれば自信を持って舞台に立てるようになるんだろうなあ~

…などと考えていた折に出てきた小学校4年生の生徒のオカリナ初舞台。

その演奏がすばらしくて、ズバっ!と、その疑問をぶった切ってくれました。

彼女は大島のピアノの生徒で、以前試演会に参加した時、自分もオカリナをやってみたい、と思って希望してくれたのですが
いっさいの迷いなく、まっすぐと音を出していました。
また、まだまだ少ない肺活量ながらも、じゅうぶんに必要なブレスコントロールを行えていてしっかりと良い音が鳴っていましたし、音程も良くきれいに歌えていました。十分に練習しただろうということが伺える演奏でもありました。
みなさんから大きな拍手をもらっていました。

殆どの方は、そんなに難しい楽譜の音楽をやっているわけではありません。
(オカリナコンクール挑戦者には課題曲を吹いてもらいましたが…)
でも、耳を使わず適当な音を出したところではろくな音にならない楽器だということを、皆さん本当によく理解しています。だからみんなオカリナって難しい楽器ですね、と仰るのですね。

習いに来るまでは、とくに良くないとは思っていなかったものを良くないと思えるようになったところも少なからずあるだろうな、と感じます。
大人はなまじ、その違いってものが「恥かしさ」と繋がってしまいがち、なのかもしれません。
とくに試演会のお客さんはみんなオカリナ吹く人たちだから、わかっちゃうんだろうな~とか、思ってしまいますよね。

例えば音程の合ってないor合ってるの違いを知る事は、モチロン大事な事。
…ですが、「恥ずかしさから消極的になったところでひとつも良い事ない」です。
合ってる音を「美しい」と感じること、そしてそれが「自分には出来る」と知る事が、もっとも大事なことだと思います。

そして
「練習すれば出来ることを、練習して出来るようになる」
というとてもシンプルな事。
小学校四年生の彼女はこれを実現してた、とおもいます。

出来るまで練習する。しっかり耳を使って。
本番で起こりうる心理変化をものにすべく、人前でも何度も吹いてみる。

やることやったあとの舞台は、堂々と届かせることに集中。
反省は後日!(舞台で反省したり後悔したりしない)


今回は素晴らしい演奏がたくさん聞けましたし、会場が沸くような、ハイレベルなパフォーマンスもありました。
それらもみんな、なんども練習積み重ねてこの場に出ているからこそ、ということ。
終演後にお互いを称え合っている様子を見て、きっと次の機会でももっとみんなレベルアップしてくるんだろうな、と期待でいっぱいになりました。
参加した皆さん、お疲れさまでした。本番経験で確実に、ひとまわりレベルアップです♪

秋!


いつもブログが滞りがちな夏が終わりました。

気づけば更新しないまま2ヶ月すぎてました…
私のTwitterを、パソコンでこのブログ画面からみてる、という人が居るようで、
そういう方にとってはいつも更新されてる感じかもしれませんが…

さてこの夏はオカリナセブン7周年記念コンサートツアーで千葉・神奈川・奈良・宝塚・香川・名古屋と6カ所で単独公演を行いました。
加えて6月のやまなしふれあいコンサートでのゲスト演奏を含め7カ所のツアーとなり、
大島忠則の作曲した7周年記念委嘱作品「七龍(しちりゅう)」も、4月イタリアでの演奏も含めて9回演奏したことになります。

来年もまたツアーを計画中で、演奏することになると思いますが、やればやるほど、魅力ある作品です!
今後もぜひ、たくさんの方に聴いていただきたいな、と思う素敵な作品です。


この秋からもまた、いろんなコンサートがありますのでぜひお運びくださいね。
すばらしい、尊敬する演奏者との共演があって、本当に楽しみです!
詳細はまた、ちょくちょく更新していきますので、更新のないしょーもないブログやなと見捨てないでくださいね・・・じっさいしょーもないですが・・・

-----------
サクソフォーンチャリティーコンサート
【~八戸でみたゆめ~中村均一とその仲間たち2019 大阪公演 】
10月29日(火) 19:00 (18:30開場)
アーティストサロン・ドルチェ大阪

出演:
中村均一(サクソフォーン)
西上和子 (ピアノ)
森下知子 (サクソフォーン)

チケット 一般3000円 高校生以下1500円(当日500円UP)
20191029nakamura01.jpg
↑クリックで画像をおおきくできます。
-----------
【江波太郎コンサートツアー2019 奈良公演】
11月22日(金)14:00(13:30開場)
やまと郡山城ホール・小ホール

出演:
江波太郎(オカリナ)
小林洋子(オカリナ)
小川彩子(オカリナ)
松本真昭(ピアノ・キーボード)
ゲスト:デュオたんと(森下知子・大島忠則)

チケット 一般2500円 高校生以下1500円(一般のみ当日500円UP)

↑クリックで画像をおおきくできます。
-----------
【トゥジュール・サクソフォン クァルテット 「いつもSAX!!スペシャル2019」】
■大阪公演12月1日(日) (開演15時)
アーティストサロン・ドルチェ大阪
■名古屋公演 12月7日(土)ドルチェ名古屋 (開演17時)
ドルチェ・アートホール NAGOYA
 ゲスト:「ストラータサクソフォンカルテット」
■東京公演12月8日(日) ドルチェ新宿 (開演15時)
アーティスト・サロンDolce東京

プログラム…クレリス/かくれんぼ、J.S.バッハ(伊藤康英・編曲)/シャコンヌ、ジャンジャン/四重奏曲、B.ウィーラン/リバーダンス 他

チケット 一般3000円 学生1500円

flyer_tou_dolce2019_a_ol-01.jpg
↑クリックで画像をおおきくできます。

トゥジュールは名古屋公演のみ、なんと…ゲストがあります!!
若手サクソフォン四重奏団の「ストラータサクソフォンカルテット」です。
八人でも少し演奏しますよ!