FC2ブログ

デュオたんとCD

1stアルバムCD「T A N T O」好評発売中!

税抜2800円(税込3,024円)
月の沙漠/あの町この町幻想/蘇州夜曲/貝殻節/名もないちいさな小径/名もない小さな舞曲/ スカボローフェア/「悲愴」より/こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/ 酒と泪と男と女/カルメン・オカリナ・ファンタジー/あやしうた/鳥取高等女学校 校歌/ ローズ/

→お申し込みはこちらから

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

twitter

Profile

もりしたともこ

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

デュオたんとCDうらばなし「鳥取高等女学校 校歌」

デュオたんとのCDに収めた曲は、我々の長年のレパートリーから、忠則がアルバムの為に書き下ろした曲まで14曲入ってます。
ブックレットのライナーノーツはあえてシンプルに、短い文で纏めたのですが(余白は大きい方が自分の世界で音を楽しめる、と思うので…)
一曲一曲に込めた思いは、たくさん。

中に、1曲「校歌」が入っています。

『鳥取高等女学校・校歌(岡野貞一作曲)』

忠則の祖母の通っていた学校です。
おばあちゃんは夫忠則を小さい頃からとてもかわいがってくれたそうです。音楽の好きな人で、沢山のわらべうたや手遊び歌を歌ってくれました。
それはまぎれもなく忠則の音楽家としてのルーツとなっているものです。

そんなおばあちゃんが忠則に教えてくれたこの歌でしたが、晩年のあるときにその断片を、思い出そうとくちずさんだのだそうです。

学校統合により学校はもうなくなってしまいその校歌もずっと歌われていませんが、忠則がおばあちゃんが亡くなるまでにどうしてもこれを演奏して聴かせたいと、統合先の高校に問い合わせ、保管されていた音源を入手することができたのです。
ベッドの上のおばあちゃんに忠則と二人・オカリナで演奏を聴かせると、アンコール!もういっかい!とジェスチャーをしてくれて、何回も演奏しました。

ときに音楽は思いを運ぶタイムカプセルのようなものになる、と思います。
若い時の思い。未来への希望、悩み、喜び、仲間たち・・・
たぶんいつの時代もそれは、みずみずしく生き生きとしていて。
この歌とともにそれらが、おばあちゃんの心の中で、
何十年もの時を経て運ばれてきたようにも思います。

高校生の息子がフルートで参加してくれています。
そして実はこのアレンジ初演はおばあちゃんの葬儀でしたが、娘がオカリナを演奏しました。(レコーディングでは私が吹いてますが、娘が吹いてるのはこういう感じだったな、という表現で吹いてます)
彼らにとってこの旋律は、おばあちゃんの記憶を彼らの未来へと運ぶものになるのでしょう。

たくさんの学校が統廃合されている今、
歌われなくなってしまった校歌はきっと、山ほどあるんだろう。
でも若い日に心の中に焼き付けた音楽と強い思いは、ずっと消えない。
そしてそれがときには、こころを照らすともし火となってくれるんじゃないかなあ・・・と。
この歌と、おばあちゃんの人生のことおもうと、そんな風にも思うのです。

(デュオたんとCD「TANTO」はこちらからご購入いただけます)

※一部、事実と違う所があると忠則より指摘を受けまして、文章修正しております。

デュオたんとファーストアルバム「T A N T O」リリース

漸く、デュオたんとのCDがリリースとなりました!!
tanto_cd_omote.jpg
tanto_cd_ura.jpg
ジャケットデザインは家本麻里さん。大好きなデザイナーさんです。素晴らしい感性で描いてくださいました。表にも裏にも、じっくり見るといろんなモティーフをみつけられます。それはまるで音楽のよう。帯も、中の盤面も、そしてトレイまでもこだわったデザイン、ぜひお手に取って見て頂きたいです。

そしてデュオたんとのロゴを書いてくださったのは、書家&オカリナ作家(吟遊工房)の友地裕さんです。友地さんの筆によってまさしく音楽が文字になったようです。

レコーディングとCD作成にかかわる全般でお世話になったのは松本真昭さん。どんなことお願いしても「いいっすよー!オッケー」と即応えてくださり、諸々のご相談にも暖かくこたえてくださり、そして時にはお茶目なジョークで笑わせてくださり、この方とのレコーディングやご相談は本当に楽しかったです。

収録曲は、二人で沢山考えたラインナップ。イメージは、デュオたんとのコンサートです。
最初から最後まで、ゆっくりと聞いてもらうだけで、ひとつのコンサートを聴いたような気持ちになれるアルバムを目指しました。
たんとのレパートリーから、ぜひとも聞いていただきものを選んで集めました。それから大島作品のオカリナ二重奏を3曲、デュオ・セルリアンの千井慶子との共演で録音しました。さらにプライベートなレパートリーアレンジ、アルバムのための書き下ろし曲を含めています。

収録曲の中で、一番尋ねられるのが「鳥取高等女学校校歌」について。
なぜ校歌を入れているの?と。その訳は…中のブックレットを読んでいただければわかります。この一曲だけは「高校生」の息子がフルートで共演してくれています。

またブックレットの解説の中にはそれぞれの使用楽器、オカリナはそのメーカー名も記しておきました。楽器は私の声であり、一つ一つの楽曲を形作る大事な相棒です。
普段の多くのたんとのコンサートのようにサクソフォン・オカリナをだいたい半分半分ぐらいを使用しています。

こちらのCDは以下のネットショップから、お申し込みを受け付けています。
↓こちらからお申し込みください(その他の商品もこちらから購入できます)

デュオたんとCD「T A N T O」お申込み

お申し込み→代金の銀行振り込み案内メールが届く→お振込み頂く→確認が出来次第発送となります。


「T A N T O」 税抜2800円(税込3,024円)
1.月の沙漠/佐々木すぐる
2.あの町この町幻想/原曲:中山晋平
3.蘇州夜曲/服部良一
4.貝殻節/鳥取民謡
5.名もないちいさな小径/大島ただのり
6.名もない小さな舞曲/大島ただのり
7.スカボローフェア/イングランド民謡
8.「悲愴」より/原曲:ベートーヴェン
9.こきりこ幻想~二本のオカリナの為の三章~/大島忠則
10.酒と泪と男と女/河島英五
11.カルメン・オカリナ・ファンタジー/原曲:ビゼー
12.あやしうた /大島忠則
13.鳥取高等女学校 校歌/岡野貞一
14.ローズ/アマンダ・マクブルーム


演奏:デュオたんと
オカリナ・サクソフォン 森下知子

ピアノ・編曲・作曲 大島忠則

ゲスト…オカリナ 千井慶子(5,6,9)
    フルート 大島快晴(13)


録音:松本真昭(アステリズムミュージック)
ジャケットデザイン:家本麻里
ロゴ:友地裕


2018オカリナフェスティバル in 神戸

オカリナフェスティバルin神戸、毎年夏に神戸文化ホールにて行われる、日本最大級と言われてる「オカフェス」ですが、二日間にわたっている規模の大きさ(しかも二日とも別なゲストが演奏する)、ながい歴史(17年?18年?)があることでしょうか?毎年この日を楽しみにしている方や年間行事としてるグループもたくさんあるようで、今年は申し込みが特に多くて抽選の当選倍率は2倍近かったそう。教室の生徒さんでも落選した方がたくさん。(娘グループも残念ながら…)

今年はデュオ・セルリアンを2日目のゲストにお声がけいただき、そしてデュオたんとのファーストアルバムCDと、デュオの楽譜集とを発売する機会でもあり、特別な機会になりました。
デュオたんとで以前にゲスト出演させてもらったんですけども、いつだったかなあ~と探してみるとなんと9年前だった!(2009年のフェスティバルのことを書いたブログ記事
最後ににだれかデュオやってくれないかなあって書いてる(笑)うれしいことに夢が、叶っております。

さて1日目は出演者の参加出来る交流会に。ゲストへの質問コーナーとか、いきなり演奏指名とかもあり…なかなか濃い交流会でした!
以下、写真つきで。

速報:11月16日にスペシャルなオカリナコンサートを開催します

 スペシャル!!なオカリナコンサート、内容は・・・・

第五回日本オカリナコンクール受賞者による記念演奏、を中心としたコンサートを開催します!

たんと音楽教室から、今年3月に行われた第五回日本オカリナコンクール独奏部門にて受賞した三名の奏者

千井慶子(第一位、および聴衆賞)
https://blog-imgs-122.fc2.com/t/o/m/tomblg/20180818234212cac.jpg" target="_blank">千井慶子

中原千里(第二位)
https://blog-imgs-122.fc2.com/t/o/m/tomblg/20180818234211466.jpg" target="_blank">中原千里

南冴子(第三位、第四回時・第二位)
https://blog-imgs-122.fc2.com/t/o/m/tomblg/2018081823420902f.jpg" target="_blank">南冴子

そして私と大島忠則の「デュオたんと」で。

真剣勝負のオカリナソロあり、
私も入って共演の、華麗なるオカリナアンサンブルあり、
そしてデュオたんとはいつも通りの感じでゆるーく…?

みなさん私の生徒さんですが 今回のコンクールでかなり鍛え上げられてる人たち。
私も負けないように頑張らないと、、、
すばらしいコンサートになると思います。ぜひ予定して居てくださいね。

日時:11月16日(金)
開演:14:00~ (開場 13:30)
場所:やまと郡山城ホール・小ホール
入場料:2000円 (当日2500円)

平日のお昼間ではありますが…どうぞお聴き逃しなく!
(お仕事のある方はぜひ!今からお休みを予定してくださいますようお願いします。笑)

よろしくお願いいたします。

追記:11月16日はもともと江波太郎さんの奈良公演の日程でしたが、ご本人の都合によりまして中止となりました。5人で、江波さんに負けない良いコンサートにしたいと思います!

豪雨とともに夏がやって来る

ものすごい雨です。
夕べは我が家の近くの川も、あわや氾濫かというレベルまで増水したけれどなんとか落ち着いたようで。いつものんびりしてるたくさんの亀たち、下流に流されていったかなあ。それともこういう時は野生の何かで上手くやり過ごしてるのかもしれない。知らんけど。

2018年半年の節目。久しぶりのお休みに橿原神宮にお参りに行きました。
前回行ったのは7年も前。まだ目の病気の詳細が分かる前で、その通院の合間に行ったのでした。
そんなに前なんだなあ…
あの日も夏だった気がする。参拝で手を合わせたときに、背後から蝉の鳴き声を聞いたような…そんなことはよく覚えているもので。

先月はデュオたんと・トゥジュールと2週続けてのレコーディングでした。いずれも初のアルバムCD作成のためのレコーディング。なんで時期が続いたのか、ほんとに色々なめぐり合わせで偶々なんだけどなにかそういう節目と言うか、時期なのかもなあとも思ったり。

それで、レコーディング風景の写真なんかがありまして。
ジャケットの足しになるかなということでいくらかチョイスしてたわけですが…レコーディングは結構プレッシャーに晒されるからメンタルが重要、できるだけリラックスして演奏できるように、という計らいから(?)ほんとーに普段通りなラフな格好で・・・。
でもまあ身内や教室の皆さんよくご存じですが、普段から見た目で売る気がゼロなので…
ちょっとこれはさすがにアカンかも。と思いました。反省。
ほんとーに昔からずっと、お洒落が苦手です。

解説はどちらも、私が書きました。なかなかこれが悩みまくって毎晩考えて、やっとできました。
長年のレパートリーは自分の一部、みたいな音楽もある。切り離してすこし離れて見ないと、うまく言葉にはできないなあと思った。
(いつもどうやってMCで紹介しているんだっけ)

クリエイトするのは好きな事で、楽しいです。
良いものできそうです。どうぞ、楽しみにしていてください。
 IMG_0214 (1024x768)
P1310498 (1024x769)

FC2Ad